2016年12月04日

山歩き Season2 春 Vol.22-02 加治丘陵

旧正丸峠から正丸峠までのルートをピストンしよう、と考えていたこの日でしたが、旧正丸峠まで行ってみると雪が深かったため、二の足。

旧正丸峠までで引き返しました。
そこから「本日のメインイベント」だったのに。

残念なので、もう少し何かしてから帰ろうと、代案を考えました。

・吾野駅で途中下車して、顔振峠まで行って、平九郎茶屋のしし鍋を食べて帰る
・元加治駅で途中下車して、加治丘陵へ。先日発見したHOT POTでピザを食べる
・飯能駅で途中下車して、フィオレットに行って、ランチを食べて帰る

平九郎茶屋に電話してみたら、もう春になって今年のしし鍋は終わったとのことだったので、顔振峠はボツ。
加治丘陵ならたとえ多少雪があっても、険しくないので歩けるから、HOT POTにするか――
でもフィオレットなら、とりあえず2回食べておいしいと分かっています。
フィオレットに行きました。

フィオレットでパスタセットを食べながら、「これからどうする?」の相談。

結論:
せっかく来たのだから、元加治駅からちょっと桜山展望台までの加治丘陵コースを歩いて、HOT POTに行ってみよう。
大食いだから、ピザ1枚を2人で分けるなら、絶対お腹に入る。だってこれからまた歩くしね。

1609_818.JPG

で、元加治駅から10分か15分歩いて、住宅地の奥、突き当りから加治丘陵への道に入りました。

1609_830.JPG

全然雪などありません。やっぱり山のほうだけに降ったんですね。

1609_840.JPG

あけぼの子どもの森公園を横目下に見ながら――

1609_852.JPG

桜山展望台へのメインコースに出ました。

そしてしばらく桜山展望台の方向に進んで――

1609_861.JPG

駿河台大学の道標に従ってちょっと下ります。

1609_866.JPG

すると分岐に出るので、分岐は駿河台大学ではなく、カインズホームのほうへ。

1609_871.JPG

カインズホーム 飯能店の裏側にあるHOT POTに到着です。

仏子駅からも桜山展望台に行く北コース(と、わたしたちはめったに使わないけど南コース)があるので、そこから来てもいいわけです。
それか、仏子駅から幹線道路に出てちょっと行ったところにある、セブンイレブンの裏のほう、どんぐりの会入口に出る山道を登って、そこから行ってもいいのです。

とにかく駿河台大学という道標を曲がればいいのです。

でもHOT POTにわたしたちが行くとしたら、一番近いのは元加治駅からのコースかな。

このお店は寄って正解。おいしかったです。
それはまた次の記事で。

1609_924.JPG

帰りは山道ではなく、平地を駅まで歩いて行きました。
結構遠いです。

1609_926.JPG

桜??

1609_929.JPG

旧正丸峠までは歩いたし、加治丘陵も歩いたけど、食べたカロリー以上には消費していないです。
グルメ旅に終わった日でした。



にほんブログ村

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Low Hill Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

フィオレット@飯能

1609_781.jpg

飯能駅で途中下車して、てくてくフィオレットへ。

天覧山でレジャーとか、どこかの山から登ってずーっと歩いてきて天覧山を最後に下りるとか、そういうときは天覧山登山口のすぐ近くなので、便利なフィオレット。
しかしわざわざ飯能駅から歩いていくとなると、ちょっと遠いフィオレット。
車であれば問題ないだろうとは思う、フィオレット。駐車場も4,5台分くらいありそうだし。

1609_782.jpg

駅から15分では着きませんね。
20分はみておいたほうがいいです。

――足の速い人なら着くのかもしれませんが。

1609_783.jpg

1609_784.jpg

正丸駅で営業を確認する電話をしていて、そのときに予約もしてあります。
このお店は近隣マダムたちにも有名だからです。
天覧山から下りてきて、ちょっと寄ってみたら満席だった、というなら諦めて帰るのもありですが――
途中下車までして、20分歩いて、臨時休業だったり、いっぱいで入れないっていうのは悲しいですから。

1609_790.jpg

夫は、前にわたしも選んだことのある、シックなカップ。

1609_796.jpg

わたしはブルーの絵柄の上品なカップ。

紅茶とコーヒーは、自分で何度でも注ぐことができます。
カップはその場に並んでいるものから、好きなものを1つ選ぶことができます。

1609_800.jpg

わたしはクリームソースのパスタにしました。

1609_802.jpg

クリームソース、ほどよい濃厚さで、おいしかったです。
クリーム味は大好きなので、おいしいクリームパスタのお店は嬉しくなります。

1609_803.jpg

冬の間2度ほど来たと思うのですが、どちらのときもミニグラタンがついていました。
これがパスタセットの添え物レベルではない、おいしいグラタンで、大変お得な気分です。

家でグラタンを作ることは、ほとんどなくなり、食べるとしたらサイゼリヤって感じなので、しっかりしたグラタンは久しぶり。おいしかったです。

スープはいつものごま風味のスープ。

1609_804.jpg

サラダとヨーグルト。
ヨーグルトはものすごーくねばるヨーグルトです。

トルコアイスみたいにのびます。

1609_805.jpg

1609_809.jpg

夫はボンゴレ。

わたしはトマトソースのパスタは、イタリアンレストランであまり注文しません。
なんか、トマト濃厚すぎで味濃すぎなトマトソースが苦手だからです。
もちろんそれは、きっとおいしいトマトソースなんだろうけど、わたしはグルメでも通でもないので、パスタ食べてるというよりトマトソース食べてると感じられるんですよ。
感覚としては「しょっぱい」に近いんです。なんていうか、「しょっぱい」っていうのは、もっと控えめな味だったらいいなってことですよね。塩味が強く出すぎてて、ほかの味や素材の味が隠れてるという。そんな感じの濃厚すぎなんです。

最近でも妹と行ったお店で、ほどよいトマトソースに出会ったので、濃厚すぎないトマトソースパスタも増えているのかも?

フィオレットのトマトソースパスタは、わたしがおいしく食べられるトマトソースでした。
これならわたしもおいしく食べられる。フィオレットでならトマトソースパスタを食べてもいいな。

1609_811.jpg

1609_813.jpg

店内はこじんまりした印象ですが、席数はそこそこあり、テラス席もあるので、意外とたくさん入れそうです。
広すぎないので、落ち着く印象です。

1609_791.jpg

ケーキは、買って帰ることにしました。
このケーキ、以前ネットで、どこかのおいしいケーキ屋さんから仕入れているという情報を読んだことがあります。

今でもそのケーキなのかな。

1609_931.jpg

1609_934.jpg

可愛いケーキ。

甘すぎなくて、おいしかったです。

ごちそうさまでした。



フィオレット
埼玉県飯能市山手町16-9
042-974-1565
営業時間:11:30〜17:00
定休日:火曜
        ※お店のHPからの情報ではないので、正確かどうか分かりません。

参考までに Facebook(お店の公式ページではありません)
https://www.facebook.com/pages/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88/107116636014685




にほんブログ村

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Dinner and Lunch Time -eat out- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

山歩き Season2 春 Vol.22-01 旧正丸峠

1609_629.JPG

3月の朝、朝のうちはくもりだけれど、あとから晴れてくるらしいし、山に出かけようということになりました。

でも曇りどころか、着くと山にはもやというか霧というかがかかっているところもあるし、ポツッと雨を感じたりします。

1609_641.JPG

でも正丸駅まで来てしまったので、「行こう」と歩き出しました。

自分たちにとって「すごく急なアップダウンの繰り返しだった」ように記憶している、正丸峠から正丸山(しょうまるやま)、川越山(かんぜやま)、旧正丸峠という道を、もう一度歩いてみようという計画でした。

同じところでも、登るときと下るときでは印象が違うので、ピストンするつもりです。
 正丸駅 → 旧正丸峠 → 川越山 → 正丸山 → 正丸峠
 正丸峠 → 正丸山 → 川越山 → 旧正丸峠 → 正丸駅

1609_642.JPG

だんだん、梅も咲いてきて、緑も濃くなって、春になっていました。

1609_648-652.jpg

家々が点在する中、道を歩いていくと、突き当りから山に入ることになります。

1609_669.JPG

何、これ、また雪が――

いつのまに降ったのかなぁ。やっぱり昨日かなぁ。
まったく知りませんでした。

電車で1時間とちょっと、という距離なのに、雨が雪だったりするんですね。

1609_670.JPG

道が雪で埋もれているほどではないので、そのまま進むことにしました。

1609_686.JPG

奥武蔵の山は植林帯が多いので、冬でも葉が残っている杉や檜がたくさん。
そうすると、少しの雪は下まで積もらないようです。

上に木々の屋根がないところは、うっすら雪化粧していました。

1609_703.JPG

歩いていくにつれ、うっすら雪化粧が多くなってきました。
そんなに高度が上がったわけではないのですが。(というか、全然なのですが。)

1609_707.JPG

わぁ〜、なんか綺麗だなぁ。

1609_712.JPG

しかし、旧正丸峠付近まで来ると、だいぶ雪が深くなってきました。
足首まで埋まるとか、それほどではないのですが、びっくりです。

1609_719.JPG

ここから、前のシーズン「えー、ここを登るの?」「えー、ここを下るの?」という箇所がいくつかあったコースに入るのですが――

夫、こんなに雪があったら不安だ、と言います。

不安以上に、雨がちらついているのが、夫は嫌だったようです。
全然晴れそうもないし、雨がポツポツしていたんです。それが雪に変わったりしていました。
夫は雨が大嫌いです。

他の皆さんは、どんどん登って行くようでした。
うっすら雪の山もいいですもんね。それにせっかくここまで来たんだし。

1609_725.JPG

わたしたちは、ここで引き返すことにしました。

1609_735.JPG

いったん一般道に出て――

1609_736.JPG

ガードレールの切れ目から、また山道に入るところ。

1609_746.JPG

登って行く人たちとすれ違うと、「え、なんでこんなに早い時間にこんなとこを歩いてるの?」という顔をされます。
明らかに駅に向かってますからね。
「まだまっくらいうちに吾野駅を出発して、今帰るところなのかしら?」みたいな。

1609_766.JPG

前のシーズンでは何度も見た福寿草。
このシーズンではあまり見かけませんでした。

咲いていなかったというより、そういうところを歩かなかったのだと思います。

1609_767.JPG

雨雪模様の日でしたが、春は来ていました。

1609_771.JPG

梅もかなり満開。

この日は行程としては長い予定ではなかったので、出発がゆっくりで9時頃でした。
だから引き返してきたけれど、11時近くなっています。

とはいえ、これだけで帰るのも消化不良。

11時だからランチがてら、もうちょっと歩こうか――

・吾野駅で途中下車して、顔振峠まで行って、平九郎茶屋のしし鍋を食べて帰る
・元加治駅で途中下車して、加治丘陵へ。先日発見したHOT POTでピザを食べる
・飯能駅で途中下車して、フィオレットに行って、ランチを食べて帰る

というわけで正丸駅までの途中、顔振峠の平九郎茶屋に電話してみましたが、春になっていて絶品しし鍋はもうないそうです。
HOT POTのピザを試してみるか、フィオレットに行くか――
うーん・・・・・・

HOT POTは未確認、フィオレットはおいしいと分かっていたので、飯能のフィオレットに寄ることにしました。




にほんブログ村

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Low Hill Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

おみやげ(味噌漬け高麗豆腐と黒糖水ようかん)

1609_534.jpg

高麗の味噌漬け豆腐、道の駅あしがくぼに売っていたので、買ってみました。
高麗で下車しても、たいていは阿里山カフェに寄っていて、カフェを出るとき「何分の電車に乗ろう」と時間を見て出るので、お店の前を通ったときは時間がなくて寄れません。

むしろここのほうが買いやすいかも、と寄ったついでに買ってみました。

濃厚なチーズのようにしっとりした食感になった豆腐。
味噌漬けにするとチーズのようになるとのこと。

でもそれほど発酵発酵していなくて、食べやすかったです。

確かにおつまみによさそう。

夫はこういうのはあまり食べないので、わたしひとりで1個食べ切るのは厳しかったです。
今度は湯葉を食べてみたいけど、湯葉はお店に行かないと買えないでしょう。
種類がたくさんあるそうなので、ゆっくり選びたいですしね。


高麗豆腐 むつみや食品
http://www.saitama-j.or.jp/syougyou/genki/shop/w3026_tofu.html
http://saitama.iro8.net/hidaka/komatoufu/
http://www.ntv.co.jp/burari/090418/info08.html




1609_536.jpg

1609_538.jpg

なんとなく買ってしまった、秩父の黒糖水ようかん。

これがわたしには大ヒットで、とても気に入りました。

もともと水ようかんが好きなのですが、黒糖の甘みがバッチリマッチして、いい感じ。
甘いけどスッキリ感があって、水々しくて、かなりのヒット商品。

次にまた芦ヶ久保に行ったとき、大量に買って帰ったくらいです。
(そして大量に食べました。賞味期限は長くはないので。)

秩父のほうまで行かないと買えないのは、残念だなぁ〜〜〜

もっと近いところにお店があったらなぁ〜〜〜

甘すぎないけど、甘い。
水をたっぷり含んだみずみずしい感じ(本当に含んでいるかは分からないけど、そういう味わい)が最高。
1箱ペロリと食べちゃうおいしさだったのです。

白状すると、この大きさの1箱じゃなくて、大きなサイズの1箱も1日で食べちゃうほどのお気に入りです。


松林堂
http://db.dokoikube.com/shorindo.htm




にほんブログ村

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(5) | Foods & Drink | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

山歩き Season2 春 Vol.21 二子山&焼山

1609_136.jpg

割と高いところを歩いています。

「いつかは行きたい武川岳」とSeason1は思ってきましたが、Season2では「いつかはチャレンジ『伊豆ヶ岳を越える道』」も乗り越え、「できればやりたい『飯能アルプス縦走』」もしたので、「いつかは行きたい武川岳」でSeason2のラストを飾りたい――

武川岳は、わたしたちにとって初の1000mを越える山。
それでも全然まだまだ低山、1052mなのですが、鉄道路線から離れていてそれも二の足を踏んでいる理由でした。
でもSeason2ではバスで行く山歩きも挑戦したしね。

1609_166.jpg

でもまずは、武川岳ではなく、二子山(ふたごやま)、焼山(やけやま)を目指しました。
リハーサルです。

二子山 → 焼山 → 武川岳  またはその逆  で登ろうかなと計画しているからです。

1609_185.jpg

この頃は3月になっていて、わたしも次年度の仕事のための活動が増えていました。
書類を作成したり、ハローワークに行ったり、面接に行ったり、という――

夫「それなら今のうちに武川岳に行ってしまったら?」と2月の頃、言ってました。
でも理由があるんです。

自分たちが普段行く山よりちょっと高めだし、雪なんか降ったら凍結しちゃいます。
平地と違って、何日か残ったりするんだろうと思います。
残り続ける可能性もあるんだろうと思います。

だから春を待っていたんです。

1609_196.jpg

武甲山が見えてきました。

1609_210.jpg

1609_211.jpg

二子山山頂のわずかに先。武甲山を見晴らせるところ。
二子山から焼山にかけてのコースは、見晴らしがいいそうです。

1609_225.jpg

1609_233.jpg

武川岳から二子山は、広葉樹、落葉樹も多くて、春は新緑が魅力のコース。
そう聞いて楽しみにしていたけれど、Season2の最後、新緑の季節に武川岳に行くことはできませんでした。

――仕事が始まってしまっていて、土日しかなかったので、その土日の天気が今ひとつだともうダメ。
せっかく行くなら、新緑がまぶしく輝くのを見たいですもん。

とはいえ、そういうときの終末や連休は、人気のコースなので人出も多くて、バスで50分立ちっぱなしで揺られることになるかも。
それがちょっときついと思って、GWに晴れたりしても二の足踏み――

1609_248.jpg

二子山。
雄岳と雌岳があるのです。

1609_253.jpg

1609_281.jpg

特に二子山から焼山までの区間が見晴らしがよく、武甲山を間近に眺めながら歩くようになります。

1609_282.jpg

焼山山頂。
ここからの眺めは、これまで遠くに眺めてきた武甲山が間近に見えて、こんなふうになっていたのかと驚かされました。

1609_291.jpg

テーブルみたいになっているところを見ていると、武甲山て、昔はまあるい山だったのかしらと思うほど。

1609_299.jpg

1609_331.jpg

1609_334.jpg

ぐるり360度。

焼山でゆーっくり休憩をとって、今来た道を戻ることにしました。
武川岳はこの先に進みますが、さらに1時間半以上かかります。

1609_345.jpg

1609_361.jpg

芦ヶ久保駅から二子山までの登りは、わたしたちにとっては急でした。険しく感じます。
飯能から秩父のほうに行くにつれ、山への登り道が険しくなっていくようにイメージができています。
それでいくと、芦ヶ久保は、次が横瀬、その次が秩父、もう最後ですから。

1609_365.jpg

これまでは「疲れる」という感じだったのが、「きつい」感が強くなっている今シーズン。

それでもこういうところは気持ちよく歩けるなだらかな尾根道。

1609_413.jpg

1609_419.jpg

急なところは下るほうが大変。

1609_440.jpg

だんだん町々がはっきり見えてきました。

1609_499.jpg

芦ヶ久保駅からしばらく進んだところに、綺麗な水が流れているところがあります。

1609_501.jpg

1609_521.jpg

水場。

昔はこういうところで、水筒に水を詰めたのだろうと思います。
今も、水場で水を補給するという人もいるみたいです。

わたしたちはどこに水場があるものか分からないし、低山ばかりなのでペットボトルを持参すれば用は足りますが。

ひと口飲んでおきました。せっかく来たから。




にほんブログ村

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Low Hill Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

月見のおわらツアー

1627_035.jpg
新宿駅集合

1627_041.jpg
電車に乗って

1627_042.jpg
松本駅着

1627_045.jpg
ここからはバスツアー

1627_058.jpg
お昼はバス車内でお弁当(飛騨牛)

1627_125.jpg
白川郷

1627_259.jpg
さるぼぼの天然水

1627_273.jpg
サービスエリアでトイレ休憩のとき、ごへい餅を買って分け合い

1627_278.jpg
夕飯はバス内でお弁当(富山のかに)

1627_282.jpg
雨が降ってもいいように、レインコートが支給される

1627_285.jpg
ライトアップされた夜道を会場へ
クラブツーリズム貸切で、おわら風の盆が再現されるというイベントツアー
これがメインのイベントで、その前後に白川郷、飛騨高山、兼六園などの見学もついてくる豪華メニューで、一泊というお手軽さ、そして格安のお値段
その代わり、宿はビジネスホテル、食事はお弁当ですよ、という内容

1627_305.jpg
踊り

1627_311.jpg
踊り

1627_362.jpg
再びライトアップされた夜道を歩いて、バスへ

1627_367.jpg
宿泊はビジネスホテル
たとえば3人で申し込んだ場合など、2人と1人の部屋になることもある、というツアー

1627_380.jpg
朝食はバイキング

1627_383.jpg
ビジネスホテルを出発

1627_475.jpg
兼六園

1627_515.jpg
金沢城

1627_535.jpg
飛騨高山

1627_547.jpg
和菓子をつまむ

1627_573.jpg
お昼は駅ビル内のお店で、海鮮丼

1627_581.jpg
北陸新幹線関係の門だったかな

1627_624.jpg
これ、どこだったかな?

1627_628.jpg
この橋が目玉

1627_650.jpg
飛騨牛コロッケ

1627_674.jpg
夕方
そして夜になって新宿着




にほんブログ村

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

おつまみ

1619_007.jpg

1619_005.jpg

今はほとんどやらないのですが、ついついおつまみを買い込んでしまって、食べすぎちゃうってことよくありました。

お菓子も同様。

おつまみはお酒と一緒に食べることが多く、満腹感が麻痺していたりするので、食べすぎる率も高いです。



にほんブログ村

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Foods & Drink | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

きき湯の炭酸シリーズ

1619_013.jpg

炭酸の温泉に行きたかったのですが、そうそう温泉旅行には行けないので、せめて入浴剤で。
と買ってみたきき湯の炭酸シリーズ。

泡は楽しいですよね。

今気づいたのですが、これ、バスクリンの商品だったんですね。



きき湯/バスクリン
https://www.bathclin.co.jp/sp/kikiyu/



にほんブログ村

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

milkyココア

1619_021.jpg

職場の売店でふらっと買ったココア。
自宅に持ち帰りました。

ココア好きなのは夫ですから。

おいしさを求めたわけではなく、パッケージにつられただけなので、満足です。



不二家ミルキー
http://fujiya-milky.com/



にほんブログ村

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Foods & Drink | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

つい手が出ちゃう

1619_023.jpg

「変わったものを見ると、つい手が出ちゃう」ってこと、減りました。
今年度から収入が減ったためが大きいです。
次に、今までの職場Bの人たちみたいな「新しもの好き」がそばにいないのも大きいです。

春の終わり頃、ふらっと買った「富良野」「ラベンダー」に魅かれたペットボトル飲料。

こういうこと、本当に減りました。



にほんブログ村

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Foods & Drink | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする