2016年11月29日

月見のおわらツアー

1627_035.jpg
新宿駅集合

1627_041.jpg
電車に乗って

1627_042.jpg
松本駅着

1627_045.jpg
ここからはバスツアー

1627_058.jpg
お昼はバス車内でお弁当(飛騨牛)

1627_125.jpg
白川郷

1627_259.jpg
さるぼぼの天然水

1627_273.jpg
サービスエリアでトイレ休憩のとき、ごへい餅を買って分け合い

1627_278.jpg
夕飯はバス内でお弁当(富山のかに)

1627_282.jpg
雨が降ってもいいように、レインコートが支給される

1627_285.jpg
ライトアップされた夜道を会場へ
クラブツーリズム貸切で、おわら風の盆が再現されるというイベントツアー
これがメインのイベントで、その前後に白川郷、飛騨高山、兼六園などの見学もついてくる豪華メニューで、一泊というお手軽さ、そして格安のお値段
その代わり、宿はビジネスホテル、食事はお弁当ですよ、という内容

1627_305.jpg
踊り

1627_311.jpg
踊り

1627_362.jpg
再びライトアップされた夜道を歩いて、バスへ

1627_367.jpg
宿泊はビジネスホテル
たとえば3人で申し込んだ場合など、2人と1人の部屋になることもある、というツアー

1627_380.jpg
朝食はバイキング

1627_383.jpg
ビジネスホテルを出発

1627_475.jpg
兼六園

1627_515.jpg
金沢城

1627_535.jpg
飛騨高山

1627_547.jpg
和菓子をつまむ

1627_573.jpg
お昼は駅ビル内のお店で、海鮮丼

1627_581.jpg
北陸新幹線関係の門だったかな

1627_624.jpg
これ、どこだったかな?

1627_628.jpg
この橋が目玉

1627_650.jpg
飛騨牛コロッケ

1627_674.jpg
夕方
そして夜になって新宿着



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

スーパービュー踊り子号に乗って@下田〜東京(観音温泉&下田の旅)

まだもうちょっと時間があるので、下田駅前のお店を覗いてみようということになりました。

1615_732.jpg

いかの天日干し。

1615_733.jpg

1615_734.jpg

なんかいろいろなものが、かなり安く売られていたお店。
つい何か買いたくなって、丹念に覗いてしまいました。

1615_735.jpg

バイク集団が轟音と共に通りました。

ライダーに人気の道があるのかな。

1615_736.jpg

海産物。
マリンガーデンて何だろう? 「うすたけの黒潮便」とも書いてあります。

伊勢海老・あわび・さざえの専門店、うすたけさんが、黒潮便というサービスをしていて、全国に発送してくれるのだそうです。
http://www.kurosiobin.jp/

1615_738.jpg

駅の前には、黒船の小さい模型。

1615_740.jpg

昨日来たときに出てきた改札口。こちらは出口専用です。
――関所って書いてあります。関所だったんですね(笑)

1615_741.jpg

駅前のロータリーみたいなところに足湯がありました。

ベンチに座って足をつけられるので、入りやすいです。
見たとき、ご夫婦らしきお二人が、足をつけていました。

わたしたちも足湯をしました。

1615_743.jpg

時計台の建物の前を再び通って、駅構内へ――

1615_748.jpg

帰りはスーパービュー踊り子号でした。

旅行カウンターのお姉さんが、「行きはスーパービューではないですが」と気にしていたし、「帰りはスーパービューですので」とにこにこしていたのですが、わたしは何も分かっていませんでした。

1615_753.jpg

スーパービュー踊り子号は、まさに「ビュー」が「スーパー」という意味でした。

窓面積が相当広くて、海沿い山沿いの風景が思う存分楽しめる、というわけです。

1615_754.jpg

荷物入れ、まるで飛行機。

さて、このスーパービュー踊り子号ですが。
・なるほど、行きに乗った車輌より、眺めは断然こちらのほうが良いです
・しかし、窓が天井まで斜めに切れ込むほど広いため、日射しが燦々と入ります

暑いし、逃げ場がありません。
通路側に座っていても、反対側の座席からの光も、こちらの窓からの光も当たるくらいです。
これはわたしにはきつい! 怪しい人になるくらいの防備が必要です。
自分の側だけカーテンを下ろしても、反対側からの光は反対側の席の人によるし。

しかし、このスーパービュー踊り子号ですが。
・行きに乗った車輌より、席の間隔が広いので、体がこわばりません

行きの車両、4席を向かい合わせにして、4人でお弁当を食べたときなど、足の置き場に困ったくらいの狭さでした。
その狭さで3時間は、エコノミー症候群になりそうで、(というのは大げさだとしても)、空いている席が多かったので、ちょっと移動させてもらったくらいでした。

夫は行きの3時間の窮屈な姿勢で、旅行の間中どころか、帰ってからも不調を訴え続けて始末に困りました。

スーパーなビューはともかく、座り心地を考えると、スーパービュー踊り子号が安全だとつくづく思いました。
(これなら大丈夫だと、帰りは何度も言っていました。)

ですが、その場合は、わたしは前もって準備をしなければならないと思いました。
帽子や長袖、手袋、サングラス、必要ならフェイスマスク。

賢く使いたいと思いました。

スーパービュー踊り子号
http://www.jrizu.jp/train/sv_odoriko.html

1615_758.jpg

1615_777.jpg

帰りはだんだん曇り空になってきました。
そういう予報だったので驚きませんでしたが、タイミングのよい旅行でした。

母と妹があまり遅くならずに家に着けるように、(翌日は月曜日で妹も仕事だし)、帰りの電車は14時くらいに下田発でした。
乗っていると20分くらいでどんどん曇っていったので、いいときに行けてよかったと思いました。

晴れた観音温泉も、晴れの下田も、美しかったです。
花が咲き乱れているイメージで、いい時季に行ったとも思いました。

また行きたいです。
今まで伊豆に全然興味などなかったのですが、伊豆っていいなと思いました。



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

下田時計台ふろんと −フロント− @下田〜東京(観音温泉&下田の旅)

1615_726.jpg

すぐそこはもう下田駅です。

駅前に豪華そうな建物があって、時計台なのだそうです。
この中にもう一軒、スイーツをいただけるお店があります。
旅行会社のクーポン利用、第二弾です。

せめて2軒くらいは利用しないと、と妹。

それにこちらで妹は、念願のニューサマーを試食することができました。
グレープフルーツの酸味が少ないバージョンみたいで、食べやすくてよかったです。

でも重いので、妹、買うのは断念。
――既にこの時点で、荷物はかなりいっぱいです。

1615_728.jpg

これがいただける商品、黒まんじゅうです。
黒船にちなんだおまんじゅうで、冷やしてもおいしいとか。

食べてみると、すごく黒ごまでした。
・・・・・・冷やしたほうが、わたしたちは好きだったかも。
なめらかな舌触りのあんで、とっても黒ごまでした。

ごちそうさまでした。



下田時計台フロント
http://www.front-shimoda.jp/

黒まんじゅう
http://www.front-shimoda.jp/souvenir/detail/index.html



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

にぎりの太助@下田(観音温泉&下田の旅)

にぎりの太助
http://rtv-navi.com/yokoyama_shouten/shopiframe/tasuke.html

1615_586.jpg

せっかく海の近くに来たのだから、回転寿司を食べてみよう、と着いたときから話していました。

検索すると「魚どんや」と「にぎりの太助」の2店が下田では巨頭のようです。(回転の場合)

レンタカーは申し込まなかったので、距離的な問題で「にぎりの太助」になりました。
寝姿山ロープウェイの入口のすぐ隣にお店がありました。

1615_715.jpg

1615_717.jpg

1615_720.jpg

1615_725.jpg

それほどたくさん食べたわけではありません。
朝ごはんもしっかり食べてきたし、あんパンも食べたりして、そうお腹が空いているというほどでもなかったからです。

1615_718.jpg

時計がお寿司でした。

1615_714.jpg

1615_723.jpg

わたしは最初と最後に、きんめ鯛を食べました。
ほかの全員、必ず1皿はきんめ鯛を食べました。

「下田といえばきんめ鯛」と母が言ったからです。

下田はきんめ鯛の水揚げ量が日本一なのだそうですね。
http://www.shimoda-city.info/eve29.html
http://shimoda100.com/cuisine/kinmedai/

回転寿司、おいしかったです。
ごちそうさまでした。

また下田に行く機会があったら、にぎりの太助と魚どんやと、食べ比べてみたいです。



魚どんや(道の駅内にあるので便利みたいです)
http://r.gnavi.co.jp/n073100/

にぎりの太助(寝姿山ロープウェイ乗り場のすぐ隣にあるので、便利でした)
http://rtv-navi.com/yokoyama_shouten/shopiframe/tasuke.html




posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

寝姿山@下田(観音温泉&下田の旅)

1615_583.jpg

駅付近に戻ってきました。

1615_588.jpg

すぐ近くに、寝姿山ロープウェイがあります。
ここなら歩いてもすぐに行けるので、車でない場合もありがたい観光地です。

1615_592.jpg

ロープウェイに乗って――

1615_599.jpg

景色を眺めながら――

1615_600.jpg

到着です。

1615_605.jpg

1615_609.jpg

女性が寝ている姿に見えるというので、「寝姿山」というそうですが、上に登ってしまうとそれは分かりません。
周囲を展望できるので、人気の観光地だそうです。

↓ この方は、寝姿山が女性らしく見えるスポットにいらしたそうです。
個人のサイト:寝姿山の全景
http://susono.jugem.jp/?eid=318

1615_610.jpg

ここでも充分見晴らしはよかったですが、さらに上のほうに行ってみたいと思います。

1615_611.jpg

お花がいっぱい咲いていました。
うぐいすも鳴いていました。

青空の日でした。

1615_616.jpg

1615_622.jpg

幕末見張所跡。

大砲もあって、海を狙っています。
何事か起こったら、対処できるようにしていたのですね。

1615_626.jpg

緑のシャワーみたいな道をさらに登っていきました。

1615_630.jpg

1615_632.jpg

小さなハーブ園もありました。

1615_634.jpg

1615_635.jpg

うぐいすはどこで鳴いているのだろうと、足を止めたりしましたが、分かりませんでした。

1615_638.jpg

1615_640.jpg

1615_641.jpg

たくさんの花で楽しませてくれる道。
前も言いましたが、今回のわたしの伊豆の印象は「花」です。

1615_644.jpg

海が見えてきて――

1615_645.jpg

1615_646.jpg

黒船展望台に着きました。

1615_649.jpg

1615_654.jpg

あ、本当だ。
黒船(復元)が見えます。

黒船って、小さいですね。あんな小さい船で太平洋を渡ってきたとは――
ペリー艦隊って、すごい。

1615_656.jpg

1615_657.jpg

下岡蓮杖写真記念館は、時間もないので見るつもりがありませんでした。
妹は「愛染明王堂もいいよね」と言っていました。
暑かったし、体調をくずしてもいけないので。

が、気づいたら母はふらふらとそちらのほうに行っていました。

1615_661.jpg

1615_664.jpg

迎えに行ったわたし、愛染明王堂、見ました。

1615_667.jpg

1615_689.jpg

帰りは違う道を通って、寝姿展望台を回って帰りました。

1615_672.jpg

途中、「石割り楠(活力の楠)」というのがありました。
約50年前に大きな岩を断ち割って誕生し、今日まで成長している生命力の強い木とのこと。
この木の周りを一周すると木から活力をもらい、末永く健康的に暮らすことができると言われている――ということなので、周って活力をいただきます。

1615_696.jpg

ロープウェイ乗り場付近に戻ってきました。

ロープウェイの時間まで、15分くらいあったので、反対側の展望を見て、お店の中をまわりました。

1615_700.jpg

わぁー、また伊勢えび。

1615_703.jpg

妹はニューサマーを食べてみたいと言っていたのですが、なかなか1個だけ売っているというところに出会いません。
持ち帰らなくてもよくて、1個をちょっと味見できればいいというのです。

ニューサマーオレンジドリンクがあったので、これで味見をしてみました。
グレープフルーツに似た味でした。

(母は飲まないというので、3本です。)

ニューサマーオレンジドリンク(JA)
https://jaeshop.ja-shizuoka.or.jp/s_63281s001_1246.html

1615_782.jpg

ロープウェイで下に下りてきたら、下の売店でゼリーの試食をしていて、食べてみました。
おいしかったので、自分用に買って帰りました。

ニューサマーは、その後、下田駅付近のお店で、試食をしていたので食べることができました。
そのまま食べるのも、酸味の少ないグレープフルーツみたいでおいしいと思いますが、お菓子にすると合うと思いました。

ニューサマーオレンジゼリーdeシャーベット
http://www.yuuyuuan.jp/item/04/

ドリンクとゼリー、おいしかったです。



下田ロープウェイ
http://www.ropeway.co.jp/


ニューサマーオレンジドリンク(JA)
https://jaeshop.ja-shizuoka.or.jp/s_63281s001_1246.html

ニューサマーオレンジゼリーdeシャーベット
http://www.yuuyuuan.jp/item/04/



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

平井製菓@下田(観音温泉&下田の旅)

1615_555.jpg

平井製菓は有名店のようで、本店以外にもっと駅に近いところにもお店があるようです。
でもあんパンをいただけるのは、本店のみ。

1615_556.jpg

1615_557.jpg

着きました!

1615_560.jpg

窓に商品の写真がありました。
これがイチオシ、下田あんパンみたいです。

マッシュルームみたいなぽこんとした形をしています。

1615_561.jpg

牛乳あんパンや、大人のあんパンというのもあるんですね。

いただけるあんパンと、牛乳あんパンは買ってみて、みんなで味見。

1615_564.jpg

牛乳あんパンは、あんことホイップクリームみたいなクリームが入っていました。
しつこくなくておいしかったです。

とても似たものを、自宅の最寄りヴィド・フランスでも売っています。
それはそれでおいしくて気に入っているので、似たものは自宅付近でも買えます。
おみやげには、シンプルな下田あんパンのほうを買って帰ろうと思いました。

1615_565.jpg

下田あんパン、おいしかったです。

あんこの甘さがほどよくて、おいしいあんこでした。
パンもふかふかで、なるほどこれは名物ですね。

こしあんとつぶあんがありました。

わたしと妹と夫は、こういうときだいたいいつもこしあんが好きで、今回もそうでした。
わたしはこしあんを4つ買って、家に持ち帰ることにしました。

あんパンなので、2,3日大丈夫でした。
朝ごはんに食べたりして、おいしかったです。

ここはクーポンに入っていてよかったなぁ。

おまけ
1615_582.jpg
こちら、もっと駅の近くの支店でした。



平井製菓
http://www.hiraiseika.co.jp/
https://www.facebook.com/hiraiseika


posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

街歩き@下田(観音温泉&下田の旅)

1615_516.jpg

了仙寺を出て、下田の街を歩きながら、駅方向に向かうことにしました。

1615_518.jpg

1615_524.jpg

水や食料など、欠乏している品を供給する場所だったそうです。
なるほど、それで「欠乏所」・・・・・・

今は平野屋というオシャレなレストランだそうです。

1615_526.jpg

1615_527.jpg

道端に手湯がありましたが、消毒中で使えないそうです。

1615_528.jpg

1615_530.jpg

ここはハンギングバスケット通り。

1615_535.jpg

あ、なまこ壁。

1615_536.jpg

1615_537.jpg

なるほど、この通りの家々は、協力してハンギングバスケット通りを作り上げているのですね。

1615_538.jpg

レストランや居酒屋やカフェもところどころにありました。

1615_539.jpg

1615_541.jpg

観光地だけあって、居酒屋さんも昼用の営業をしているところも多かったです。

1615_543.jpg

とはいえ基本的には静かな通りで、落ち着いた散策――

1615_545.jpg

1615_546.jpg

時間の制約がなければ、いろいろなお店に入ってみたくなります。
あまりにありすぎると圧倒されますが、ところどころにある感じで、静かな通りでした。

1615_549.jpg

1615_551.jpg

通りから入ったところに神社があったり。

1615_552.jpg

この辺りまで来たとき、気づきました。
旅行会社の小冊子のクーポン券で、いくつかのお菓子屋さんでいただけるサービスがあったのでした。

ここで地図を確かめて、平井製菓を目指すことにします。

1615_553.jpg

1615_567.jpg

凝ったグリーン満載のお店もあり、特に何もない箇所もあり――

1615_568.jpg

1615_573.jpg

このあと、無事に平井製菓に着き、目的のあんパンをいただいてから、また駅方向に向かいました。

1615_579.jpg

下田、なかなか楽しい散策でした。



欠乏所跡
http://shimoda.izuneyland.com/bazaar.html
http://shimoda100.com/storys/%E9%96%89%E3%81%96%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%83%90%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BD%9E%E6%AC%A0%E4%B9%8F%E6%89%80%EF%BD%9E%E5%BE%8C%E7%B7%A8/
平野屋
http://shimoda100.com/restaurant/hiranoya/

ハンギングバスケット通り
http://www.kanshin.jp/rojiura/index.php3?mode=keyword&id=711464



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

了仙寺@下田(観音温泉&下田の旅)

1615_487.jpg

ペリーロードを歩いて、了仙寺に着きました。

1615_488.jpg

ここはなんと、お寺がどうこうというのではなく、「ペリーと日本の間で日米下田条約が締結された場所」なのだそうです。
日本史に詳しくないので、まったく知りませんでした。

1615_494.jpg

お寺としても、立派なお寺でした。

1615_497.jpg

1615_498.jpg

もうこの頃にはとても日射しが強くて、夫はわたしの日傘をさしていました。

1615_501.jpg

1615_503.jpg

アメリカジャスミン。
これが強い香りを放っているのです。

香りの花祭り
http://www.shimoda-city.info/eve09.html

1615_502.jpg

1615_505.jpg

お寺をぐるりと見学して回りました。

1615_506.jpg

1615_509.jpg

母は自分のペースで行動するので、いつも「あれ? どこ?」と探すことになります。

このときも、一人でふらふらと歩き回っていました。

1615_512.jpg

アメリカジャスミンは、花の色が紫から白へと変わる花だそうです。

1615_513.jpg

わたしは香りを楽しみましたが、夫と妹はあまりの強さにたじたじとなって、了仙寺をあとにしました。



了仙寺
http://www.izu.co.jp/~ryosenji/



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

ペリーロード@下田(観音温泉&下田の旅)

1615_419.jpg

1615_422.jpg

ペリーロードの端っこの先、ペリーの記念像があるところに、まず到着。
ここまで、駅からタクシーに乗りました。

1615_430.jpg

ペリーロードの入口。

1615_436.jpg

1615_440.jpg

なまこ壁の家がありました。
母は見物したそうでしたが、妹は「別にいいでしょ」とさっさと先に進んでいきます。

1615_444.jpg

1615_447.jpg

のどかな道が続いていました。

大砲があったので、見学。

1615_450.jpg

1615_452.jpg

とても強い花の香りが漂っていて、母が地元の方に聞いたところ、これだそうです。
紫と白の花でした。

妹は、もともと香りの強いのは苦手ですが、ここのところなおさらで、鼻を押さえながら歩く始末。

1615_455.jpg

下田の温泉と銘打って、温泉水が出ていました。

ちょっと指を濡らしてみました。

1615_458.jpg

1615_465.jpg

ペリーロード、いいですね。
風情があって素敵です。

ものすごいカメラで激写している女性がいました。
わたしは――どうも構図がうまく取れません。

1615_468.jpg

あ、なんか海産物が干してあります。

1615_473.jpg

1615_478.jpg

川沿いを歩いて行くのが、またいい感じでした。

1615_480.jpg

1615_481.jpg

ペリーロードは絶対行ってみたかった場所なので、満足です。

だけど、素敵なのにそれを存分に生かした写真を撮れるわけではないので、それが残念。

1615_482.jpg

1615_483.jpg

でも天気が良くて、見ているときは、もうとてもいい気持ちでした。
――暑かったけど(笑)

1615_485.jpg



伊豆下田観光ガイド
http://www.shimoda-city.info/index.shtml

伊豆下田100景
http://shimoda100.com/shimoda-nice-view-place/

ペリーロード(駿河湾★百景)
http://www.surugawan.net/guide/9.html
http://www.surugawan.net/guide/index.html




posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(2) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

観音温泉 ピグマリオン 昼@観音温泉(観音温泉&下田の旅)

1615_291.jpg

朝、部屋の窓に鳩が来ていました。

人なつこくて、なかなか逃げません。
人なつこいというより、人に慣れているのかも。

それでもフンひとつなかったのだから、このホテルの方たち、お掃除大変だろうと思いました。

1615_294.jpg

1615_295.jpg

和モダンというか、ちょっと面白い飾り付けが随所にあって、面白いところでした。

朝早く、もう一度大浴場ガラティアに行きました。
神話では、ガラティアの息子がピグマリオンですよね。
どうしてこういう命名なのか、面白いです。

1615_296.jpg

朝の散歩に出かけました。

1615_297.jpg

温泉商品。

1615_300.jpg

1615_301.jpg

実は売店を見に来たのですが、まだ開いていなかったので、ちょっとお散歩です。
もうすぐ開くようです。

1615_302.jpg

1615_306.jpg

温泉を出た後、下田を見物して帰ったわけですが、今回の旅は全体に「花」のイメージが残りました。

1615_309.jpg

1615_315.jpg

観音温泉でもいろいろな花が咲き乱れていたし、下田でも花々がたくさん咲いていました。

1615_318.jpg

1615_322.jpg

2泊3日くらい滞在して、の〜んびりするのもいいかもしれません。
朝は散策、お風呂に入って――夕方にまた散策、お風呂に入って――

そんな気持ちになります。

1615_323.jpg

1615_325.jpg

いい季節でした。

1615_327.jpg

1615_329.jpg

すぐそこに温泉があるのを感じます。

1615_332.jpg

1615_334.jpg

裏手のほうは、山。
前方は見晴らしが開けて、いい場所です。

1615_338.jpg

これは正運館だそうです。

1615_348.jpg

1615_351.jpg

そろそろ売店も開いた頃なので、買い物をして戻りました。

朝ごはんです。

1615_356.jpg

1615_357.jpg

1615_359.jpg

1615_364.jpg

1615_362.jpg

椀物。
母は、朝から伊勢海老が使われていると感心。
妹は香りが強いのを好まないので、みそ汁は普通のがよかったと言います。
夫はみそ汁好きなので、妹に賛成。
わたしは、汁にもえびにもあまりこだわらないので、どちらでも可。

1615_370.jpg

1615_372.jpg

下田を散策して、干物屋さんに寄ったら、結構なお値段でした。

1615_374.jpg

サラダはとりわけ式。

1615_375.jpg

また女将の手作り梅干しです。

1615_378.jpg

卵は温泉卵でした。

ごちそうさまでした。

1615_385.jpg

わたしが買ったおみやげ。

ごはんのときのししゃもきくらげ、昆布だと思って食べていたのですが、気に入りました。

1615_386.jpg

1615_387.jpg

1615_388.jpg

1615_390.jpg

名残惜しいですが、送迎バスに乗って出発です。

ロビーでコーヒーのサービスをしてくれるというので、いただきました。

1615_399.jpg

外のベランダのようになっているところで、いただきました。

1615_392.jpg

1615_394.jpg

ホテルからのおみやげです。
観音温泉のペットボトル。女性にはさらに温泉水を使った化粧品が1つついていました。
それから試供品です。

1615_397.jpg

母は最後まで、ホテル備え付けの温泉水ファンデを買うかどうか迷っていたので、妹とわたしから母の日のプレゼントにすることにしました。

それを買いに行ったついでに、わたしは自分用に石けんを買ってみました。

とてもよかったです。いい宿でした。

1615_730.jpg

こちらは、下田駅前の系列ホテル。

下田観光の際、荷物をどうしようかと思っていたのですが、まあたぶん駅にロッカーがあるだろうと。
念のため、ホテルのロビーで駅にロッカーがあるかどうか聞いてみたのですが、そうしたら「駅前に当ホテルの系列ビジネスホテルがあるので、そちらでお預かりすることもできます」とのこと。

本当に駅前でした。

ロッカーがあったので、(そちらのほうが改札に近いから)、そちらに入れましたが、この情報はありがたかったです。
箱根に行ったときは、ロッカーはあれども、妹のトランクケースの入るサイズのロッカーはすべて埋まっていて、やたら駅から遠いロッカーで、やっと1つ空きを見つけたのです。

もしロッカーが空いていなかったら、ありがたく利用させてもらうつもりでした。

いろいろとお世話様でした。
また行く機会があるといいなと思っています。



観音温泉
http://www.kannon-onsen.com/
http://www.kannon-onsen.com/pyg/



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Trip | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。