2016年06月02日

2ヶ月目の日記@職場

1612_856.jpg

カトレア先生の困ったところは、3点。
そのために、こういうことになって、こういうふうに思われて、こうなる、と行動原理が分かってきたと思います。

そこまでは把握できました。
が、次は、じゃあどう対処するか、です。

1612_882.jpg

カトレア先生は最初が肝心で、おいおいいつかは――というのが通用しない相手だとすぐに分かったので、わたしも打てる手は打ちました。

頼める人に協力を仰ぎ、自分では接し方に注意し、それになるべく振り回されないよう、動じないようにする。

1612_890.jpg

カトレア先生は厄介な方ですが、前向きに考えるといいこともあります。

カトレア先生は既に、Bグループのパート的スタッフ ラナン先生と決定的な断絶状態にあります。
さらにAグループの契約社員的スタッフ コデマリ先生とも険悪な関係です。

こういった直接の事件がない周囲の人たちも、カトレア先生のちょっとばかり個性的なところは皆さんご存知です。仕切りのない広いフロアなので、丸見えだからです。

というわけで、わたしがカトレア先生との関係において苦労しているので、優しくしてくれます。
――それまで表面上の笑顔だったのが、少し仲間として受け入れてもらえたのでした。

女性同士って、誰かの悪口で急速に仲良くなることがありますよね。

気にしないようにはしていたものの、わたしはかなり所在無い存在だったので、有難かったです。
これはもろ刃の剣なので、そろそろネガティブ発言はやめていきたいと思っていますが。

1612_894.jpg

まあ、あとは、カトレア先生と断絶状態にならずにうまくやっていけるかどうかだけです。
でも、わたしとうまくやっていけなかったら、ラナン先生のいるBグループに戻るわけにもいかず、コデマリ先生のいるAグループにも行くわけにいかないのですから、カトレア先生もわたしには少しは自分を抑えてくれるはずです。

今も抑えてくれているのでしょうけど。

わたしももうまごつくことも少なくなってきたので、「自信に満ちたわたし」を演出して、本格的にカトレア先生とのあるべき関係性を築いていくつもりです。
――もう2,3週間前から、ずっと月曜が来るたび「今週からは」と思ってるんですけどね。



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(2) | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

最初の1ヶ月の日記@職場

1612_009.jpg

仕事の話って、ネガティブなことも入ってしまうし、それをあまり書いても仕方がないので、軽く流していきます。

いくらこれまでも12年近く働いていた職場とはいえ、全然違う業務・立場になったので、それなりに所在無い1ヶ月目でした。

また、非正規雇用同士となるパート的スタッフさんと、わたし以外の契約社員的スタッフさんとは、うまくやっていきたいと思っていましたが、みなさん長い方たちなので微妙です。
――年月だけならわたしはたぶん、誰にも負けていないのですが、この同じ部署で7年8年同じメンバーでやってきたのですから、そりゃ固まっています。わたしの入る隙はありません。
表面上は、大人対応でにこやかにしてもらっていても、本当の『仲間』にはなりきれていないのが分かります。

1612_014.jpg

1ヶ月目はわたしも、新しい仕事内容を覚えることで手いっぱいでした。

たまたま、わたしにいろいろ教えてくれた正社員的スタッフは、若くて昨年度入ったばかりの人でした。
「自分も去年、覚えるのがすごく大変だったので」と、嫌な顔をせず教えてくれます。
それに自分のコツメモみたいなものも、惜しげなく渡してくれます。

本当に、この人には感謝しています。
若い方もいろいろなので、この人以外の若い方だったら、うまくやっていけなかったかもしれませんし。

1612_020.jpg

でもこの若い人は、あと1〜2年もすれば確実にどこかに異動していくでしょう。

わたしがずっと一緒にやっていくのは、わたしが配置された@グループのパート的スタッフ、『カトレア』先生。

わたしはこの方とうまくやっていきたいと思っていました。
とにかくわたしは、自分と関わることになるパート的スタッフさんと、なんとかしてうまくやっていかねばと思っていました。

でもかなり難しいかも――

最初は少しずつ慣れていけばと思いましたが、たぶんそれはダメだと気づきました。
この方はたぶん、最初が肝心です。

1612_025.jpg

なんといってもやりにくいのは、カトレア先生の感情の起伏が激しいことです。
それが表に出てしまうので、こちらはそれに振り回されて、右往左往してしまいます。

うーん、どうすりゃいいのかな。

・・・・・・というところで、1ヶ月は終わりです。
明日に続きます。



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(4) | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

GW

ゴールデンウィークに入っております。
飛び飛びの今年の連休ですが、長く休める方は2日だけ休めばロング連休ですよね。

わたしは飛び飛びの連休で、「今年は飛び飛びの連休ですよねー」と言ったら、職場のずーっとずーっと偉い方が「でも2日休みを取れば10連休」と言うのを聞いて、「あんたは取れるかもしれないけどさー」と心の底から思ったりしました。
だって、そこを利用する人たちは来るわけだから、そうそう休みなんて取れないです。管理職より下はみなさんカレンダー通りみたいですもん。

残りの連休中、このブログはお休みします。
5月9日から開けたいと思います。

よいお休みをお過ごしください。

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(4) | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

最初の一週間@新職場環境

1546_855.jpg

この下書きをしているのは、もうすぐ最初の1週間が終わろうというところ。

まったく知らない職場ではないので、それほど緊張しているわけでもありません。
それでも人間関係が濃密なので、自分の立ち位置や距離感をうまく定めていこうとしている時期なので、気を遣います。

新しい立場は、上からずーっと連なる階級図の下から2番目。
下から2つが非正規スタッフで、その上は全部正規スタッフ。
非正規と正規の間には、庶民と貴族くらい厳然としたラインがあります。
正規スタッフの階級も「誰が上」「誰が下」というのが明確で、また厳密に守られます。

――わたしは、庶民(非正規)の2つの中では、貴族(正規)の間に片足入れて、間を取り持つ庄屋さんのようなもの。

仕事は断然、前の自由な立場のほうが楽しかったなー
それに組織に組み込まれてなくて、ピラミッドの外側にいたから、気楽でもあるしお客さま扱い。よかったなー
それはそれで安定性ではマイナスだったけど、それ以外では面白かった。

こうなることは分かっていて安定を取ったのだから、(そして取れたのだから)、文句があるわけではありません。

1609_IMG_0050.jpg

少しずつ、自分のカラーを出していき、そして自分の立ち位置を固めていこうと思います。

お昼の定食は食べなくなると思います。休憩時間が短いからです。
ときどき仕事上の感じたことなどを書いてきましたが、書かなくなると思います。

だからこれが最後の職場Aランチ。


いや、まあ、夜に飲み会が入っているときなどは、食べておかないと悪酔いするので、急いで定食を食べるかもしれませんけど。
あと、どうしても言いたくて、意味不明な愚痴をつぶやいちゃうことはあるかもしれませんけど。


これから下書きする予定のテーマを考えると・・・・・・
あー、ほんっとに食日記ブログじゃなくなってしまいましたー(笑)


posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(2) | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

これからのこのブログ

1521_037.jpg

4月からのわたしの生活は、一定したものになりました。

都心方向に働きに出れば、おいしいお店に行きたくもなり、また行く機会も多いです。
でもこれからの職場では、そういうことはありません。

職場Bの人たちは新しもの好きで、流行に敏感であることが至上命題といったところがありました。
これからの職場は、むしろ逆です。

1521_040.jpg

このブログは、食日記として始めました。
全然関係のない記事もだいぶ多くなりましたが、それでも一応、メインは食日記だったのです。

それが、これからはそうも言っていられなくなりそうです。

だって機会が激減するんですもん。

外でランチを食べることはなくなります。
敷地から出るのに10分くらいかかる職場ですから。新しい立場のお昼休憩は45分だし。

帰りにデパ地下で何かを買ったり、夫と待ち合わせて物産展に行くこともなくなります。
通りませんから。わざわざ行くとなると、物産展に行く回数も減ることでしょう。

素敵なお店もあまりない土地です。

飲み会があっても、写真を撮ることはないと思います。
SNSだとかあまりしない人たち(安全のためだと思われます)ですから、写真を撮ったりしていたら危険です。疑われてしまいます。

1521_041.jpg

ですので、このブログも食日記とは言えなくなりそうです。

一応登録しているブログ村などは、カテゴリーを変更してみました。
でも食べ物もまったく載せないわけではないので、食にかかわるカテゴリも残しておきましたが。

既にこのところ、食日記からずいぶん離れてしまっているこのブログですけどね。

それでもぼちぼち、よろしくお願いいたします。


posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(6) | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

4月からのわたし

ちょうど1年ちょっと前、職場Aで「次の4〜3月はこれまで通りだが、その次の4〜3月は業務がなくなるかもしれない」と通達されました。

それきりこの話が出ることはなかったので、どうなったかはさっぱり分からないままでした。

しかし秋になって、少しずつ次の年度のことが決まり始めたようで、お世話になっている方からそっと教えてもらいました。

わたしの担当する業務は2つありました。
・企業研修 → これまで通り
・基礎講習 → 半減(これまで2人セットだったが、1人で担当する。日数は半分ずつ)

でもこのことは誰にも内緒です。正式に言われるまでは。
一緒に仕事をしている2児のママ先生にも言えませんでした。

わたしの選ぶ道は2通り。
・半減しても続ける
・月−金のような定職を探す

とはいえ、まだ1年あります。
たぶんベストは、「月−金の定職」だろうけど、もっと近くなったら判断しようと思いました。

1521_029.jpg

去年の8月に職場Cの契約が、それまでの「雇用されている」形態から、「フリーランスとして契約している」形態に変更されました。
こちらがフリースタイルで請求書を発行し、あちらがそれに対して支払うという形をとることになったのです。

年に10日も働かない職場だったので、「これで終わりってことかな」と思いました。

契約スタイルが変更されてからも、既に予定の入っていた講習を1つしました。
これきりかと思ったら、3月になって、4月に行なわれる新入社員研修を担当してほしいと依頼がありました。

とはいえ、やっぱり今後は年間にこの新入社員研修1日しかないのではないか、と思われました。
通常の研修については、1〜3月に翌年度の打診があったのが、今年はなかったからです。

1521_042.jpg

9月をもって、職場Bが契約終了となりました。
――3ヶ月ごとに更新され続けて、9年半働いたことになりますが、つまり打ち切られたわけです。
とはいえ建前上は「契約終了」であって、「切られた」とか「クビ」とか「リストラ」というわけではありません。

ただ、職場Bの方々の「可哀想に。切られてしまって」という目が痛かったのと、自由奔放上司主催の送別会が相当ショボかったのとで、ちょっと引きずってしまいました。

自分にとっては決して悪いことではなかったんです。
もともと職場Aがどうなるか分からない状況でした。

・職場Bがなくなったことで、迷いがなくなってベストの選択肢「月−金の定職」の道を選びやすくなった。

・「月−金の定職」を見つけた場合、これまでのような自由度がなくなるだろうから、その前に「時間の余裕のある生活」(つまり半休暇というか)を満喫したい。それが可能になる。

・たぶん今の時点で職場Bがなくなることは、自分にとってむしろ有難い。とはいえ、自分からは決断できず最後までズルズル働き続けたろうから、B側から言ってもらってよかった。

そう思っていたのに、やっぱりB側から言われるというのは微妙な気持ちで、送別会がまた微妙すぎたこともあって、思ったより傷ついたようです。
有難いことに秋は職場Aが忙しい時期なので、仕事が始まって気持ちが落ち着きました。

1521_044.jpg

半休暇期間は、自分が計画したほどに完璧に満喫できたとは言えませんが、充分満足できるくらいには満喫しました。

秋は、平日を使った旅行に行きました。
行きたかった冬以外の北海道――知床に4泊5日。
次いつ行けるか分からない沖縄――相変わらず安い本島に6泊7日。

冬は、1年前に始まった山歩きに行きまくりました。
20回以上行ったので、もう少ししたらまたこのブログは山歩きブログになります。
制覇したいと思っていた「伊豆ヶ岳を越える道」「飯能アルプス」「竹寺」「丸山」「二子山〜焼山」も行くことができました。

それからもうひとつ、ゆっくり時間をかけて試してみたいと思っていたこと。
かなり休暇終了ギリギリになりましたが、達成できました。

いいことばかりの時期ではなく、心配ごとも増えたりしましたが、最低限やりたかったことはできました。

やっぱり――職場Bがあそこで終わって、本当によかったのです。
そして最後に嫌な思いをしたことも無駄ではありませんでした。
その思いが反動となって、「できることはして、充実しておかなくちゃ」という気持ちで進めていけたからです。
経済的に苦しいかなと思った旅行も、体力的に厳しいかなと思った頻繁な山歩きも、もう期間内の達成は無理かもと思ったやりたいことも。

そんなに必死の気持ちではなく、のど元を過ぎたらすっかり忘れられたのですが、きっぱりと忘れて先に進もうとしたのは、あの送別会のおかげもちょっぴりあったのかもしれません。

1521_053.jpg

ところで、この「半休暇」期間の間に、水面下で動いていたことがあります。
次年度からの仕事です。

自分にとっては大河ドラマのように長く錯綜した物語で、友達のまいこーちゃんに語り尽くしたらランチの間中かかりました。

職場Aには、正社員・契約社員・パート に相当する勤務形態があります。
わたしがしてきた働き方は、そのどれにも属さないフリーランスでした。通称「外部」。
おおやけのところは、独特のルール、雰囲気、仕組みがあります。どの会社でも似たようなことはありますが、もうちょっと凝縮される感じというか。

わたしは4月から契約社員に相当する勤務形態になるべく、水面下で動き始めることになりました。

ライバルたち、足の引っ張り合い、アピールのしあい。
わたしを推してくれるすごく偉い人、少し偉い人、公式な立場は全然偉くない人、同もう1人。
わたしを落としたい偉い人、客観的に判断してわたしを落とすかもしれない偉い人。
平より少し上の人は、わたしのこともライバルたちのことも知っていて、板挟みの中立。

はっきりと口に出されない暗黙の了解や、それと分からない罠、情報操作、疑心暗鬼。

それらを経て、採用が決まりました。

1521_054.jpg

新しい立場は、狙っていた人たちから羨望されるものだそうで、針のむしろの日々だと応援してくれた人からさんざん言われました。
似たような世界に生きている妹も、「契約社員(仮)が一番損だと思うんだよね。正社員と同じ仕事をさせられて、収入はすごく少ないから」と言うし、それはわたしも思ってます。
昇給も昇級もないし、正社員に相当する立場になれることは決してありません。

だけど、友人が派遣の仕事が「法律改正のため、あと3年で終了」と言われたと聞いて、わたしの年では有難いものだと分かりました。いえ、分かってはいたのですが、でもやっぱりそれまでの自由な働き方に未練があったのです。それがなくなってきました。

どこまでいけるか分かりません。
わたしは「どうせ長いことない職場だし」という魔法の言葉で、いつも長く働けました。
「絶対に3年は辞めない」と決意していた職場は、10ヶ月で辞めました。

まったく新しい職場よりは、知っているところのほうが気持ちが楽です。
反対に、知られている職場では、既にしがらみがいろいろあって、面倒でもありますが。

まあ、あまり深く考えず、頑張りすぎず、やっていきたいと思います。

特にご心配くださっていたブロ友さんたちに、感謝します。
ありがとうございました、無事に仕事が見つかりました。

やる気がなく聞こえるかもしれませんけど、「そこそこに頑張っていきたいです」。



あ、そうでした、これからは「職場A」は「職場」とすることにいたします。
兼業できない決まりなので、職場Cの最後にいただいた新入社員研修も断ったのです。


posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(2) | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

年のはじめに(2016)

1516_010.jpg

年が明けました。
夫とわたしは、それぞれに介護帰省といいますか、それぞれの実家に帰りました。

まあ、なんです。
いろいろあります。
親子だからって仲良くできるとは限りません。
今どきの親をやっている方たちのように、物わかりのよいことができる親ではないこともあります。

一緒に過ごしやすい親業をなさっている方たちは、尊敬します。素晴らしいことです。

1522_005.jpg

私事です。
今年は否応なく変化を求められる年になるかもしれないと思っています。

というか、それは2015年度ずっと思っていて、まだ2015年度ではあるので、ただずっと継続しているだけのことなのですが、2015年度の終わりが見えてきたのでいよいよ迫ってきたということでしょうか。

1524_077.jpg

2015年はずっと、これから自分の生活ももっと変わっていくかも、いや変わらないかも、という宙ぶらりんの状況がありました。
どちらに転ぶか分からないけれど、変わる可能性があったのでした。

なので、ちょうど旅行が安い時期になってポッカリ仕事の穴が空いたときは、思い切って旅行に行きました。

思い切ってというのは、経済的な思い切りです。
仕事の穴が空くということは、あるはずだった仕事がキャンセルになったということで、つまり収入減ですから、その上旅行なんて厳しいです。
でももし自分の生活スタイルが変わったら、こんなふうに旅行に行くことはできなくなるだろうと思ったので、無理をしました。

1524_078.jpg

行くだけ行って、写真の整理などは全然できないまま年末になってしまい、記事UPはできませんでした。
2016年はそこから始めるつもりです。このブログではまだまだ2015年が続きます。

そんな相変わらずの遅い自己満足ブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1526_127.jpg

みなさまの一年がよき年でありますよう、お祈りいたします。

あけましておめでとうございます。


posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(2) | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

年のおわりに(2015)

2015年12月、一年の終わりが迫ってきて、わたしはずっと考えていたことを実行することにしました。
年末だし、締めくくりってやつですかね。

2015年はいってみれば「変革前の年」という感じで、変化はあったけれど、新しい方向に動き出すのは2016年になってから――というのも4月以降の求人情報などは早くても1月にならないと出ないと思われたからです。
なので、職場Aでまず「じゃあ、今年(4〜3月)で終わりかもしれないな」「来年度(2016年4月以降)については、決断を迫られるな」と思わされ、
次に職場Cで「ありゃー、そういうことになったか」「じゃあ、来年度は分からなくなってきたな」と思わされ、
それから、職場Bが契約更新されないことになり、次のステップへの後押しをされたような気持ちになりました。さすがにBがなくなると、Aの不定期な勤務は厳しいですから。
でも3月までは職場Aの契約があるので、次のステップへ向けて実際に動き出すのは1月以降。

実家の家族について心配が続いたり、秋の職場Aが忙しくて思ったより何もできなかったり、やはり計画と実際は違いましたが、それでも満足なこともいくつかありました。

そんな年のおわりに、年を越す前にやっておこうと思って、2つのことを思い切ってやってみました。
どちらも「単独」ということにこだわった事柄です。
深い意味はないんですよ? でもなんか、ね。偶然どちらもそういうことになりました。



まず「一人カラオケ」。

やってみたいと思っていて、下見に夫と行ったというのを、以前ブログにも書いたのですが、結局その後、1人では行ってません。
2人でも行ってなくて、カラオケ自体、そのとききりでした。一人カラオケをするために会員カードまで作ったのに。

matome.jpg

受付でもし「お一人ではお受けできません」と言われたら?と思ったり、勇気が出なかったのですが―― (一人カラオケ専門のヒトカラに行くとかじゃないので、時間帯によっては断られるかと変に不安になったりして)

「今日は絶対に行く」と覚悟を決めたら、するりと入れました。
そして一人で歌ってきました。

途中で店員さんが入ってくるとちょっと恥ずかしい気がしたので、最初に飲み物を2杯注文してしまい、飲み物が届くまでは曲リストを見たりしていました。
このくらいは自分を甘やかしてもいいかな、と思いました。修行じゃないんだし、ね。
飲み物もやってきたので、もう店員さんも入ってくることはありません。

人と一緒では選べない歌などを中心に歌って、満足しました。
――人と一緒に行くこともめったにないんですけども。

最後は生音というのを見つけて、お気に入りのBABY METALのライブ映像を大画面で楽しみました。(普段はYouTubeなので、画面小さいんです。)
それらはもう歌わずに、ただひたすら聴くだけだったけれど、そういう自由もあって楽しめました。

「一人カラオケに行ってみるぞ」と決めてから何ヶ月も経って、ようやくクリア。
わたしなりの小さな満足でした。



もうひとつは「単独山行」。

matome02.jpg

2015年は山歩きにハマって、何度も山に行きました。
西武線沿線(特に池袋線)は、ずーっと電車に乗って行くと「奥武蔵」と呼ばれるエリアに行けます。

さらに終点まで行くと秩父市なのですが、そこからさらに秩父鉄道やらバスやらを使って秩父の山に行くこともできます。
(しかし「奥秩父」というのはどうやらもっと先で、もはや神奈川?というところになってしまうようで、全然路線が違います。)

「奥武蔵」は、いわゆる「低山」が多く、難易度が初心者向きの山が多いのでありがたいのです。
直通は休日に2本くらいあるだけで、だいたいは飯能で乗換えとなるのですが、とにかく同じ路線で行けるのは楽ちんなのです。
駅でいうと、「高麗」「武蔵横手」「東吾野」「吾野」「西吾野」「芦ヶ久保」あたりで、駅からすぐ山に行けるのがまたありがたいのです。

駅名など他地方の方にはまったく意味がないと思いますが、2015年は終わり頃になって初めての方からコメントをいただいて嬉しかったりしたので、記しておきます。
・・・・・・でも、わたしも札所巡りのために何度も西武秩父駅まで行ったとき初めて、それらの駅名を意識したくらいでして、同じ沿線といっても豊島区や練馬区あたりに住んでいて、通勤なども上り電車という人にとってはピンとこない駅名かもしれません。
高麗駅(こまえき)だけは、曼珠沙華で有名な巾着田があるので、知っている人も多いです。

とにかく山歩きをするようになって、ネットであれこれ勉強しました。
脱線しますが、昔は山に登りたいなんて思ったら、やはり先達のたくさんいる山サークルにでも入らないと難しかったと思いますが、今は行った人のHPやSNSやブログを見て調べられるので、軽い山なら素人でも行けます。インターネットのおかげです。

調べているうちに、山用語なども分かってきました。
山に登ることを「山行(さんこう)」と言うようです。
一人で登ることを「単独山行」と言うようです。
複数のときは、そのメンバーたちを「パーティー」と呼ぶようです。

ここから先の何ヶ月にもわたる思考の流れを省略して、突然結論を言います。なのでちょっと夢みがちなロマンチストのように聞こえるかもしれません。
わたしは「単独山行にはもしかしたら、複数で行くときは味わえない何かがあるのかもしれない」と思うようになりました。
単独山行は孤独に思えて、わたしにはやってみる勇気がありません。でももしかしたら、その孤独を越えたところに、単独でなければ得られない何かがあるのかもしれません。

そう思ってもなかなか実行できずにいたのですが、ついにやってみました。
――でも不測の事態に遭遇して、短時間で引き返してしまいました。

もっと長い距離を一人で歩き通してみたい、と思っていて、年末に実行。
しかしまたしても不測の事態に遭遇して、短時間の山行になってしまいました。

実家に帰る予定があったので、連登になってしまうけれど、翌日、三度目の正直と思って、ふたたび実行。
ついにロングコース(わたしにとっての)を歩き通しました。

帰りの電車を駅のホームで待っているとき、満足感と達成感が押し寄せてきました。

一言で言うと「納得した」という感じでした。
もう単独山行は特別な事情のある場合を除いてしないと思います。納得したので、「単独」にこだわる必要がなくなったからです。
どうしてもあの山の紅葉を見たいけれど、夫は予定が空かないとか、そんなようなときは一人で行くかも。花とか紅葉とかっていうのは、予定が空くのを待っていたら終わってしまいますから。――そういう意味です。



これ以上、気持ちを説明しはじめると、なんだかまとまりもなくなるし、ネガティブに聴こえることやあまりに個人的な心情(あるいは信条)も出てきて、ちょっとこのブログにふさわしくなくなるので筆をおきましょう――というか、キーボードを放しましょう。

パタン。2015年は閉じました。



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(2) | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

年はじめ

本日(早い方は昨日)、一般的な仕事はじめと思われますが、このブログは1/9に開始いたします。

本年もよろしくお願いいたします。
posted by Yuki または Sugar A at 11:01 | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

よいお年を

まだまだどこの会社も通常営業で、年の瀬の忙しさはあっても年末のお休みには早いですよね。

そんなまだ早めの時期ですが、今年は一足早く、このブログは冬休みに入ることにいたしました。

一年間、ありがとうございました。

来年は、今年整理しきれなかったお出かけなどをUPするところから始めたいと思っています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(4) | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする