2016年11月11日

ラ・パン・ノワール@秩父

1605_450.jpg

さて、ちょっと西武秩父駅を越えて、反対側に寄り道です。

1605_451.jpg

1605_452.jpg

なんでも、天然酵母パンがおいしいと有名なパン屋さんがあるというので、せっかく秩父まで来ましたから、行ってみたいと思います。

大通りに看板が出ていました。

そこを入って行くと――

1605_453.jpg

1605_455.jpg

ありました。
洒落たお店です。ここがそうですね。

1605_467.jpg

1605_468.jpg

同じパンですが、角度を変えた写真です。

天然酵母のしっかりしたパンでした。
素材の味がしました。

夫はもともとパン好きというわけではないので、天然酵母で、パン生地もしっかりしているのは、むしろ苦手。

なのでほとんどわたしが食べました。

1605_471.jpg

しっかりした良心的なパンという印象でした。

おいしかったです。ごちそうさまでした。



ラ パン ノワール
http://www.lapin-noir.co.jp/



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

泰山堂カフェ@秩父

1605_397.jpg

秩父駅で下車しました。

1605_398.jpg

秩父駅出てすぐの物産館。

1605_400.jpg

秩父神社。

この交差点を渡って、一本それた通りに、目当ての泰山堂カフェがありました。

1605_402.jpg

1605_403.jpg

2015年の秋、シルバーウィークに秩父のカフェめぐりをして、そのとき一番に寄りたかったお店。
でも定休日でした。日はずらせなかったので、いつか行ってみようと、ぢろばた珈琲や茶房木亭などに行きました。

1605_404.jpg

ここが泰山堂カフェ、秩父のカフェで検索すると一番に出てくる有名店。

1605_405.jpg

1605_406.jpg

コーヒーと・・・・・・そして絶対食べる予定のヌガーグラッセを注文しました。

1605_408.jpg

お店の中は雰囲気がありました。

1605_413.jpg

かわいらしい演出。

1605_418.jpg

1605_422.jpg

わたしはコーヒーですが、夕方なので夫は紅茶です。

1605_423.jpg

1605_425.jpg

冷たいヌガーグラッセ。

不思議な味でした。
みなさんがイチオシされているだけあって、他ではあまり見たことがないスイーツ。

見た目もちょっと古風な感じとキュートな感じがミックスされています。

1605_428.jpg

1605_430.jpg

1605_433.jpg

お客さんが常時いるような、人気のカフェでした。

1605_434.jpg

1605_436.jpg

ごちそうさまでした。

静かな時間を楽しめるカフェでした。

1605_437.jpg

1605_438.jpg

番場通りを歩いて、西武秩父駅に行くことにしました。

1605_439.jpg

1605_440.jpg

泰山堂カフェ、こういう街並みの一画に合いますね。
秩父のカフェは、ちょっと古風な演出をしているところにいくつか行きましたが、そういうのが合うと思いました。

1605_442.jpg

1605_445.jpg

西武秩父駅までの道も、楽しく歩ける通りです。

秩父を味わった夕暮れでした。



泰山堂カフェ
http://blog.livedoor.jp/taizandocafe/
https://ja-jp.facebook.com/taizandocafe



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

阿佐美冷蔵 宝登山店@長瀞

1605_338.jpg

宝登山から神社の参道を、長瀞駅のほうに歩いて行くと、阿佐美冷蔵があります。
氷の有名店で、シーズン中の本店などはなかなか入れないそうです。

ここは宝登山店ですが、こちらも5月の休日くらいになると、大行列になっています。

1605_339.jpg

冬の間に食べておかないと、チャンスはありません。

よかった、行列はないようです。

1605_340.jpg

1605_341.jpg

1605_342.jpg

山の中で、天然氷を作っているのです。

この辺りの休憩処はどこも「阿佐美冷蔵の氷を使っています」の旗を掲げています。
でも阿佐美冷蔵でいただくと、シロップが特製だというので、一度は入ってみたかったのです。

1605_343.jpg

1605_345.jpg

それほど広くない店内で、そりゃ大行列にもなります。
長瀞といえば阿佐美冷蔵です。

1605_346.jpg

1605_348.jpg

おお! ついに阿佐美冷蔵のお店で氷を食べることができます!

1605_349.jpg

夫はいちごシロップにしていました。
いちごの味わいのシロップでした。

つまり本物のいちごらしい味を大切にしたシロップです。

1605_351.jpg

わたしは3つくらいの味を体験できる氷にしました。

1605_353.jpg

1605_355.jpg

あずきと白あんと何かだったかな?

1605_357.jpg

1605_358.jpg

普通のシロップもついています。

1605_359.jpg

1605_361.jpg

1605_362.jpg

普通のみつは、薄味で氷を引き立てていました。

なんか、とてもオシャレなお店でした。
働いているお兄さんたちも若くて洒落ていて、かっこいいクラブのスタッフみたいなノリ。

暑い夏におばあちゃんが持ってきてくれて、頭がキーンとなって――みたいな、昔ながらの氷屋さんとは違う、スタイリッシュなお店でした。

1605_363.jpg

1605_364.jpg

すごいすごい。
これは「一度は食べねば」という人が行列を作るのも納得です。

この宝登山店は、昔はオフシーズンは営業していなかったようですが、今は蝋梅シーズンなど冬場も営業しています。
日によるのかもしれませんが、おかげで食べてみることができました。

丁寧に作られた天然の氷は、ふわふわでした。

1605_366.jpg

ごちそうさまでした。



阿佐美冷蔵
http://asamireizou.blog.jp/
http://asamireizo.web.fc2.com/
https://www.facebook.com/asamireizoutennenkori



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

浅見茶屋@吾野

1406_242.jpg

1406_244.jpg

浅見茶屋に着きました。
お気に入りなので、寄らないわけにはいきません。

このあたりに来るときは、最後はこの道を通るように計画するようになりました。
それに定休日の水曜を避けるようになりました。

1406_245.jpg

鍋焼きうどんが残っているといいけど――

1406_247.jpg

1406_249.jpg

よかった! 残ってました。
それにスイーツもあります。

1406_250.jpg

お庭は雪景色。

1406_253.jpg

1406_256.jpg

古民家風店内は、いつ見ても風情があります。
でも維持するお店の方たちは大変でしょうね。

1406_257.jpg

以前あったたくさんのスイーツメニューが減ってしまって、すごく残念。
ここの素晴らしさはスイーツに一番出ている!と思っているくらいなのです。

まあ、多くの方はうどんをほめていらっしゃるのですが。
うどんもおいしいけど、スイーツは素晴らしいです。

1406_262.jpg

1406_265.jpg

はじめは雪もちらついていて、寒かった日だったので、あったまります。

1406_267.jpg

1406_268.jpg

大女将が、優しい声をかけてくれます。

冬限定の甘酒もいただくつもりです。
夫はおしるこにするといいます。

1406_271.jpg

みそこんにゃく。
このみそがおいしくて好き。

1406_274.jpg

1406_282.jpg

鍋焼きうどん。
二人とも鍋焼きうどんにしました。

具もいろいろ入っていて、でもバランスがよくて、とてもおいしいです。

1406_284.jpg

1406_285.jpg

あつあつなので、猫舌のわたしは食べるのが大変なのですが。

1406_291.jpg

カメラのモードをシャッター優先オートにすると、結構いい、と最近思うのです。
暗いところでは真価を発揮します。

1406_294.jpg

1406_297.jpg

うろうろ見ていたら、木のハンガーがあることに気づきました。

1406_299.jpg

1406_300.jpg

寒天。これがこのシーズンのメニューの中での一番のお気に入りです。

1406_306.jpg

1406_307.jpg

甘酒。米麹で甘いです。
でもしつこい甘さでなく、おいしいです。

春が来るとなくなってしまうので、あるうちは飲んでおきたいです。

1406_313.jpg

夫のおしるこ。
おしるこも甘すぎず、でも甘くて、おいしいです。

1406_309.jpg

1406_317.jpg

この寒天がとてもおいしくて、黄粉&黒みつがとてもよく合います。
アイスクリームもおいしいです。自家製だそうです。

1406_319.jpg

こちらのトイレはとてもきれいなので、子の権現でトイレに入らず、浅見茶屋に来て入ることが多いです。

1406_321.jpg

1406_322.jpg

洒落ているし、それに文明世界のトイレなので有難いです。
子の権現の公衆トイレは、山の世界のトイレなので・・・

1406_323.jpg

1406_324.jpg

トイレは外にあります。

歩いていったら、まきストーブ用の薪がありました。
そういえばお店の中にあって、大女将が薪を足していました。

ゆっくり休ませてもらって、おいしく食べさせてもらって、あとは舗装路をゆるゆる帰るだけです。
ごちそうさまでした。



浅見茶屋
http://asamichaya.jp/
https://www.facebook.com/asamichaya?rf=402900213067245



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

フィオレット@飯能

1603_247.jpg

天覧山入口のすぐ近く。
この入口を入る前・あるいは出てすぐ、道の奥に少し行くと――

1603_248.jpg

可愛らしいガレージみたいなものが見えてきます。

1603_249.jpg

1603_250.jpg

フィオレットです。
ガレージみたいなものは関係ありません。もしかしたら昔は使われていたのかもしれませんが、今は特に使われていないようです。

1603_251.jpg

1603_254.jpg

リーズナブルなお値段と、それにしてはおいしいランチ、可愛い外観のため、いつも女性たちでにぎわっているお店です。

1603_256.jpg

1603_259.jpg

器は並んでいるところから、自分で好きなのを持ってきていいシステムです。
ただし、1人で2個3個使うのはNG。

紅茶とコーヒーが用意されていて、飲み放題です。

1603_263.jpg

だから食前に1杯は飲んでしまいます。

1603_265.jpg

ランチセットで、ミートソース風のパスタにしました。

1603_267.jpg

冬だったので、ミニグラタンもついてきました。
スープにヨーグルトにサラダ。

大変リーズナブルなランチです。

1603_269.jpg

1603_271.jpg

グラタンもおいしく、ミートソースのパスタもおいしかったです。
ミートソースじゃなく、ボロネーゼだったかな?

1603_274.jpg

1603_276.jpg

ケーキはハート型の器にのせられてきました。
チョコ系のケーキ。

1603_280.jpg

フルーツ系のロールケーキ。
あまり甘くなくて、これ、とてもおいしかったです。

1603_282.jpg

あー、食べた食べた。
おいしかったです。ごちそうさまでした。

1603_283.jpg

フィオレットでは、壁にいろいろな商品が紹介されています。
これ、500円だったかな? そのくらいで買いました。ネックレスです。

本物の石ではもちろんありません。
だからその代わり、軽いです。

ハーブティーの茶葉だったり、アクセサリーだったり、ビーズ細工のアクセサリーだったり、いろいろです。
お客さんの趣味の商品なんかも置いてあるのかなぁ? それともギャラリーとしても展開しているのかな?

このネックレス(ペンダント?)は、ちょっとしたときに使えて便利でした。



フィオレット
埼玉県飯能市山手町16-9
042-974-1565
営業時間:11:30〜17:00
定休日:火曜
        ※お店のHPからの情報ではないので、正確かどうか分かりません。



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

浅見茶屋@吾野

1601_1029.jpg

ついに伊豆ヶ岳を越える道を歩き通したわたしたち。
浅見茶屋でお祝いですね!

冬になると登場する鍋焼きうどん、夫のお気に入りだったので、残っているといいな。
時刻は13時54分。

1601_1046.jpg

ガーン・・・・・・

残念。やっぱり終わってしまいましたか。
きっと人気ですもんね。

1601_1031.jpg

それでももうひとつの楽しみがあります。スイーツです。
このお店はスイーツがかなりいけると思うのです。

今日はスイーツを3つ、注文しちゃうぞ!

1601_1045.jpg

なんですって!?

本日、甘味はお休み!?

ショックが大きかったです。
勝手に計画して、勝手に期待して、勝手につぶれたのですが。

伊豆ヶ岳を越える道を終えたあとは浅見茶屋へ。これは絶対だと思っていて、憧れでした。
でも越える前に何度か来ていたわけで、「じゃあ、お祝いはスイーツ3つ! あれとあれとあれ」と決めていました。

1601_1033.jpg

これはこれでもちろんおいしいのですが、がっかりの鶏つくねうどん。

1601_1038.jpg

甘酒、せめて。

これも冬季限定で、甘さのバランスがよくてとてもおいしいです。

1601_1042.jpg

つくねがとてもおいしいので、いつもこれです。
最初は肉うどんなど、「肉」の文字につられて注文していた夫も、今はこれ。

でも鍋焼きうどんがある日は、鍋焼きうどんです。

「伊豆ヶ岳を越える道」制覇の達成感は大きかったです。消耗して、疲労して、体力的にも精神的にもぐったりだったけれど、ついにやり遂げた気持ちはありました。
それだけに鍋焼きうどんもスイーツもなかったガッカリ感が、半端でなく大きかったです。
こういう無駄な浮き沈みをするのが、わたしの欠点です。

ごちそうさまでした。



浅見茶屋
http://asamichaya.jp/
https://www.facebook.com/asamichaya?rf=402900213067245


posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

浅見茶屋@吾野(飯能市)

1547_586.jpg

さて。
子の権現に来たら、浅見茶屋です。

ここからも行けるけれど、吉田山のほうに下りていって、途中で浅見茶屋のほうに折れることもできます。
(もう一方に進めば、小床峠・吉田山・東郷公園となります。)

1547_608.jpg

到着。
古民家を利用した古民家カフェ。有名なお店で、山好き以外の人もよく来るようです。

1547_609.jpg

夫の目当ては、冬季限定 鍋焼きうどん。
売り切れのときもあったので、要注意なのです。

1547_611.jpg

1547_613.jpg

中の様子。
座った席によって、ちょっとイメージが違うのも面白いです。

1547_624.jpg

わたしも鍋焼きうどんも食べたいのですが、もうひとつのお目当ては、甘酒。冬季限定。
甘さがほどよくて、おいしいです。

1547_626.jpg

いつものみそこんにゃく。
これもみそがおいしいです。

1547_628.jpg

1547_629.jpg

鍋焼きうどんが登場しました。
いろいろ入っていて楽しい♪
それに具のバランスがいいのか、味として浮いているものはなく、全体がおいしくまとまっています。

1547_632.jpg

熱いと猫舌のわたしは食べるのが大変。

1547_639.jpg

夫はコーヒーフロートだったかな?

1547_641.jpg

わたしは「天草きな粉黒みつアイス」。

残念なことに甘味メニューが少なくなったので、もうこればっかり。
良かったことは、あれこれ迷わなくなったことと、あれもこれもと食べ過ぎなくなったこと。

1547_645.jpg

1547_647.jpg

これはおいしい寒天で、アイスクリームもおいしくマッチしています。
手作りのようです(たぶん、寒天もアイスクリームも)。

1547_650.jpg

ごちそうさまでした。
いつもすっかり長居して、あれこれ食べてしまいます。

ここから吾野駅までは、もう山道はないので、お腹いっぱいでも歩けます。
――でも歩きだと50分近くかかりますけどね。のんびり歩きます。



__。o*★*o。______________________

浅見茶屋
http://asamichaya.jp/
https://www.facebook.com/asamichaya?rf=402900213067245
http://hanno-tourism.com/5-Gourmet/G_01udon_asamichaya.html

_____________________*☆*_____




posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

ベラヴィスタ@顔振峠

1546_1126.jpg

1546_1127.jpg

顔振峠からそのまま一般道を登って行って、ちょうど山道と一般道が分かれるあたりに、ベラヴィスタがあります。

1546_1129.jpg

看板のところを入っていくと、見晴らしのいいところに建つ一軒家。
ここがお店です。

1546_1130.jpg

可愛らしいお店です。

1546_1131.jpg

1546_1135.jpg

席が空いていたので、見晴らしのいいテラス席に座らせてもらいました。
12月半ばで冬の日射しなのでなんとか―― 春になるとちょっとわたしにはきついですね。

1546_1137.jpg

以前に寄ったとき、竹炭入りのピザとパスタを食べて、気に入っていたのですが、平九郎茶屋でしし鍋と天ぷらを食べた後なので、さすがのわたしも食べ物は無理です。
ハーブティーをいただきました。

1546_1140.jpg

1546_1141.jpg

夫は紅茶。
レモンをつけていただいて、レモンティーに。

1546_1142.jpg

軽いお菓子もつけてくださいました。

1546_1146.jpg

コーヒーもいただきました。
半分ずつのつもりだったけど、3分の2はわたしが飲んだかな。

1546_1147.jpg

1546_1151.jpg

ハーブティー。

1546_1152.jpg

こだわりの自家製ハーブのハーブティーで、メニューには効能も書かれています。
何にしたかなぁ?

この頃はホルモンバランスから来ているらしいメンタルの不調に悩まされていたので、更年期障害に効くハーブだったと思います。

1546_1162.jpg

1546_1166.jpg

かすんでいて見えなかった富士山が、ティータイムをしているうちに見えてきました。

1546_1167.jpg

テラス席で少しゆっくりしました。
この日は夫の胸痛のため、顔振峠だけで下る予定だったので、先がありません。気楽です。

1546_1171.jpg

帰ることにしました。

1546_1173.jpg

また平九郎茶屋と顔振茶屋のところに戻ってきて――
(上の写真は顔振茶屋)

1546_1174.jpg

平九郎茶屋の横の山道に入ります。

しし鍋(平九郎茶屋:前の記事)とハーブティー(ベラヴィスタ:この記事)で、おなかいっぱい!
ごちそうさまでした。



__。o*★*o。______________________

吾野地域お店情報
http://aganojuku.jimdo.com/地域お店情報/

ベラヴィスタ
http://www.magokoron.net/hanno/shop/detail/id/12472
(↑上記の「地域お店情報」)


_____________________*☆*_____


posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

阿里山カフェ@日高市(高麗)

1546_424.jpg

阿里山カフェに寄りました。
釜戸山への入口は武蔵横手駅にあり、阿里山カフェは高麗駅にあります。

秩父・・・・・・武蔵横手駅 高麗駅・・・・・・飯能・・・・・・池袋

と、隣り合っている駅です。
1駅乗って降りました。

1546_425.jpg

1546_426.jpg

阿里山カフェまでてくてくと歩いていきます。
10分くらい歩くかな?

高麗駅から日和田山のほうに行くのなら、日和田山のメイン登山口への途上にあるのですが。

1546_427.jpg

着きました。
13時くらいでまだ人はいましたが、平日だったので座れました。

1546_428.jpg

冬ですから、テラス席はビニールの覆いで囲まれ、ストーブがありました。

1546_430.jpg

1546_432.jpg

1546_433.jpg

一度はヴィーガン風のプレートランチを食べてみたいと思っていたので、この日はランチにしました。

それから、やっぱりチャイは飲みたいな。
あと、ベイクドバナナチーズケーキが食べたいな。
――バナナケーキとベイクドチーズケーキが好きなので、前に食べたいと思ったのだけれど、売り切れていたことがあったのです。

1546_434.jpg

冬は、お水ではなく温かいお湯が提供されます。
最初の一杯だけで、次は水になってました。
熱い湯ではなく、ぬるま湯くらいのお湯で、整腸作用とか冷え予防のためだろうなと思います。

1546_439.jpg

1546_441.jpg

これは確か黒板メニューではなく、メニューの中から選びました。
ハンバーガーみたいな感じですが、野菜が多くて、味も「肉汁ジュワー」ではありません。

1546_450.jpg

1546_451.jpg

サラダはたっぷり。いろいろなものが入っています。
ドレッシングもヘルシーそう。

1546_442.jpg

1546_447.jpg

夫は黒板のクリームチーズコロッケのプレートにしていたと思います。

さすがにマクロビニストの人たちも一目置く人気店、体に良さそうな味でした。
それでも「うわー、やっぱりこういうの無理」と思わないおいしさに仕上げているので、さすがでした。

マクロビ料理、ヴィーガン料理と考えると、素人のわたしたちにもおいしいと感じられる料理です。
でもそういうお料理ではあるので、夫は「もう次からはランチはいい」と言いました。

1546_454.jpg

ベイクドバナナチーズケーキ。
おいしい♪

これはマクロビ風な味はまったく分かりません。
でも素材の味がするという感じです。

もっと食べたいと思うケーキでした。
近かったらなー。

1546_456.jpg

1546_457.jpg

チャイ。
ここのチャイは大好きです。

ちゃんとスパイシー♪

スパイスがきいていて、でも邪魔になるほどではない最大限という感じ。
このバランスが好きです。

(次に行ったとき、残念なことにこのスパイシーさが減っていて、がっかりしました。
もう一度行って試してみなければなりません。もう一度行ったときそのままだったら、お店の味が変わったということですよね。)

1546_461.jpg

阿里山カフェを後にしました。
ごちそうさまでした。

ランチプレートも食べたし、ケーキはおいしかったし、チャイは最高だったし、満足です。
途中下車したかいがありました。

1546_465.jpg

駅へと帰る道。

1546_466.jpg

この「高麗豆腐」とのれんのかかったお店の前を通りますが、高麗を通る人たちには知られたお店だそうです。
ゆばや、みそ漬け豆腐がおいしいと評判です。

一度寄りたいと思いつつも、いつも電車の時間が迫っていたりして、通り過ぎてしまいます。
(後日、芦ヶ久保駅の道の駅で、こちらのらしいみそ漬け豆腐を売っているのを発見して、買いました。
思ったような臭みや発酵食品感がなく、すっきりしたみそ漬け豆腐でした。これなら食べられます。
わたしは以前、友人から「すごくおいしかった」と聞いて、みそ漬けカマンベールを買って「うー」となって廃棄したことがあるので、みそ漬けという言葉にちょっと抵抗がありましたが、ここのは「発酵食品!!!!!」という感じがしませんでした。)

1546_467.jpg

高麗駅到着です。



__。o*★*o。______________________

阿里山カフェ
http://alishan-organics.com/Alishan2014_organics/
https://twitter.com/alishanorganics

_____________________*☆*_____



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

くすの樹@西東京市

1624_004.jpg

恩師の先生、別名 青い花の君と久しぶりにお会いしました。

恩師の先生は、まったく歩けないわけではありませんが、車椅子をお使いです。
普通の人と同じように歩いて行動することはできません。ごく短い距離限定です。
だからいつも車移動のお店です。

――わたし1人では、二度と行けないお店ばかりです(笑)

1624_005.jpg

こちらの「くすの樹」さんは、古き良き喫茶店のイメージのお店で、有名店だそうです。
「相棒」というドラマのどうのこうの、という説明を恩師の先生がしていらっしゃいましたが、忘れてしまいました。

昭和な感じのお店で、パンディナー。

わたしはコーヒーで、「のぞみ」だったかな? そういう名前のブレンドにしました。
恩師の先生は紅茶派なので、ロイヤルミルクティーです。

1624_008.jpg

1624_010.jpg

ロイヤルミルクティーは、恩師の先生の様子を見ていると、とてもミルクが濃厚そうでした。

コーヒーは、ラストにもう一杯飲みましたが、わたしの好みからはちょっとはずれていて、感想は控えます。
バランスがよくておいしいんだと思います。ただ、わたしは酸味がすごく苦手なので、バランスがよい=酸味を感じる、なのです。

母も似たようなコーヒーを淹れますし、物産展で京都のイノダコーヒーのコーヒーを飲んだときも思ったので、昭和の味なのでしょうか。
老舗の味なのだと思います。

恩師の先生が以前にお連れになったお友達は、大絶賛だったそうです。

1624_014.jpg

1624_017.jpg

クロワッサンと、ポークサンド。
パンのほうはわたしも大絶賛。おいしかったです。

パンがおいしいから、添えてあるサラダやはさんであるお肉も、よりおいしく感じます。
でも「どうだ!」というパンではなくて、自然なおいしさ。できたてのおいしさ。
――これも昭和の良さなのかな。

1624_018.jpg

1624_019.jpg

話が弾んだ最後に、恩師の先生はコーヒーゼリー、わたしはまたコーヒーをいただきました。

わたしは今度はストロング。
ストロングってたいてい酸味が少ないので、いいかな、と思いました。

ストロングなのにこれほど酸味を感じたので意外でした。

今にして思えば、ミルクを入れてちょうどいいのかもしれません。
わたしはとにかくブラックでしか飲めないから。

おいしかったです。ごちそうさまでした。
夜も人気で、たくさんの人が入っては出ていきましたが、雰囲気がよいので居心地よく過ごせました。


くすの樹
http://www.cafe-kusunoki.com/
http://ameblo.jp/cafe-kusunoki/


+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+


ここからはお店のことと離れて、日記的になります。

久しぶりに会った恩師の先生、たぶん半年よりもっと経っています。
わたしが新しい立場に変わることになって、電話でお話はしましたが、会ってはいません。
恩師の先生のほうは、定年後の道を模索されていた時代を過ぎて、今はちょうどまたお仕事を辞められたときでした。

「Sugaesweetさん、なんだか変わったわ」と言われました。まあ、確かに変わったかもしれません。自分でもいろいろ思うところはあります。

続けて「指導者になったわね」とも言われましたが、そんなこともないと思います。
どちらかというと逆で、「自分は同じように「先生」と呼ばれていても、正規雇用の方とは違う」といういくつかの葛藤や諦めや思いを呑み込んだ半年だったと思います。
だから指導者であるのは諦めて、最近は「わたしは現場監督」と思うことにしているし、それに徹しようと考えています。

「今、ちょうどこういう受講者さんがいて、仕事が楽しい」と思うなら、楽しめばいい。
「なんだか受講者さんたちのいいところは他の先生に持っていかれて、ルーチンワーク。つまらない」と思うなら、ただお給料のために職場に行けばいい。「責任なんてないんだから、ルーチンでいいじゃん」と思って働けばいい。

そんなんです。

わたしが配属されたのは、特別支援障害者の方たちのグループでした。
身体障害の方や聴覚障害の方はいらっしゃらないのです。
精神障害、発達障害、高次脳機能障害の方のみ。もちろんどちらもお持ちの方もいるので、高次脳でありつつ若干身体障害もあり、精神障害でありつつ内部の病気もお持ちの方もあり、ということはありますが。

恩師の先生は、まだまだ誤解や偏見の多いこれらの障害、中でも特に精神障害が今後は重要だとおっしゃいます。それはわたしもあちこちで聞いています。
企業の障害者雇用率の義務や算定率の中に、精神障害が含まれつつある状況だからです。

だから「よかったわよ。それをやって――今あそこで働いて何年? そうなの。○○年やったらベテランなのよ。あと○年やったらベテランだから、今度はそれであちこちで仕事ができるわよ」とおっしゃるのです。
いやー、そんな、めんどくさがりのわたしに「もっとフィールドを広げて活躍したい!」なんて思う日が来るとは思えませんが、なるほどなとは思います。

これまでのわたしは、完全な全盲の視覚障害の方たち以外、すべてが守備範囲という仕事をしてきました。
4月から自分が直接関わる方たちが限定されています。

たとえば手話なんかもどんどん忘れていくし、自分のこれまでの知識や経験、つまりキャリアがどんどん失われていくような気もしました――ほんの少しではありますが。

恩師の先生と話すことで、もう少し深く関わって、専門性を高めるのもいいのかも、と思えました。
また、この職場にずっといるという選択肢以外にも道はあるのかも、という気持ちになります。現実的かどうかは別として。

――でもこんなまじめは話はほんの少しで、だいたい笑ってました。
嫌なこと、つらいことは誰でもあるけど、いっとき忘れて、笑ってばかりで話すのもいいですよね。
じっくり話を聞き合って、悩みも苦しみも分かち合える友達も大切だけれど、お互いの大変さを知りながらも笑い合って、笑いに終わる友達もいいと思います。

話してる内容がシリアスなのに、笑ってる。笑いながら話をしてる。
わたしは誰かにとってそういうタイプであることが多くて、でもそういう人もいてもいいのかなと思ってます。

ところで明日から今年いっぱい、前シーズン冬〜春の山歩き記事が多くなる予定です。
ご興味のない方、ごめんなさい。


---------------------------------------------------------
くすの樹
http://www.cafe-kusunoki.com/
http://ameblo.jp/cafe-kusunoki/


posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする