2016年12月31日

大晦日

image.jpeg
銀座。
1人で買い物。

洗顔用のくちゃ石鹸を買いに、わしたショップ。


image-d2269.jpeg

日が暮れた。


posted by Yuki または Sugar A at 16:43 | memo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

ごあいさつ

今年も一年、お世話になりました。

なんのためにブログをやっているんだろうと思うくらい、ただの自己満足の作業で、それなのに「ああ、記事ストックがなくなる!」と焦ったりして、本当になんのためにやっているのか分からないときがあります。

ふらっと訪問して、たまにアクセス数を見たときの喜びになってくれた方、
いつも読んでくださって、お優しい言葉をかけてくださる方、
ありがたいなぁとしみじみ思います。

いろいろなことがあったり、考えたり、楽しかったり、つらかったりした年でした。
仕事の立場が変わり、人とのつながりが変わり、家では悲しいことがあり、これから先変わっていかざるを得ないことがあり、そういったこととは別に自分の心や体が不安定に変動した時期があり、否でも応でも人生が転換した一面があります。
でもその実感はなくて・・・・・・
それが時が経つにつれ、だんだん実感になってきて・・・・・・
今まだ現在進行形で心の整理がつかず、不安に駆られることもあり・・・・・・

その間、このブログは秋前に予約投稿しておいた山歩き記事で、ここまでUPされてきました。
秋以降書いたのは、間を埋めたほんの少しの記事だけです。
それも終わり、また記事をためなくてはと思っています。でもいつその気力が出るだろう・・・・・・

うまくまとまらないのですが、そんなこんなで、今年はここで閉めるつもりです。
ありがとうございました。
この記事はコメントをしめさせていただきました。次にいつ覗くか分からないと思ったからです。
もともとコメントってほとんどないんですけど、もし心をこめてコメントしてくださる方がいたら失礼になると思うので。

年明けの予定は立っていません。
また記事を書けるようになるまで、Instagram的に写真と一言日記だけ載せてもいいかなと考えています。

みなさま、よいお年をお迎えくださいませ。



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Other Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

山歩き Season2 春 Vol.28 長瀞アルプス

1614_371.JPG

これが今シーズンラストになること請け合いの、GW2度目にして最後の山歩き。

夫の一番のお気に入り、長瀞アルプスへ行きました。

1614_382.JPG

1614_384.JPG

秩父鉄道、野上駅のフジマートで、激安お惣菜やおにぎりを買い込みました。
こんなスーパーがあったとは。

1614_388.JPG

1614_397.JPG

もう山に登る前から、見るからに新緑です。
すごいです。

長瀞アルプスは新緑が美しいところです。

1614_402.JPG

神回りで行くことにしました。

1614_408-444.jpg

お堂や、祠や、石碑や、さまざまな神様たちを回って行きます。

1614_421.JPG

神まわりハイキングコース。

1614_447-448.jpg

登り始めたばかりのところで、ちょっと脇道にそれて、朝ごはん。

汁の出そうないなりずしなどを先にいただきました。
フジマートのお惣菜、激安だった割にはなかなかおいしくて、驚きました。

1614_468.JPG

家々が立ち並ぶ街の様子を眺めて、また登っていきます。

1614_481-500.jpg

1614_515-535.jpg

1614_531-576.jpg

新緑に染まる神様たちを回って行き、ついに御岳神社まで行き着きました。
(ついに、というほどのロングコースではありませんけどね。)

ここから先、すぐ長瀞アルプスに合流します。

1614_554.JPG

1614_571.JPG

前シーズンも、「絶対に新緑の季節は綺麗だから」とじんましんが出ていた夫をなんとか連れてきて、体調は完全でないものの景色に感動して帰ったところです。

今年も緑一色に染まるコースでした。
緑がふりそそいでいるみたいです。

1614_588.JPG

1614_594.JPG

ああ、いいなぁ。

1614_611.JPG

1614_625.JPG

もう今シーズンは、これが最後です。
暑くなるので、山には来ないと思います。

次のシーズンは、果たして山に行けるかどうか、まだ分かりません。
いつだって、先は分かりませんものね。

1614_702.JPG

明るいところに出て、この先、宝登山に向かう一般道が伸びています。
が。

わたしたちは引き返します。

夫の希望で、宝登山への急激に険しくなる階段状の登りは避けることにしたのです。
そのままピストンで、新緑を楽しみながら、なだらかな道を楽しく歩きたい――それが夫の希望でした。

1614_794.JPG

神まわりの道との合流地点を過ぎ、帰りは長瀞アルプスメインルートで帰りました。

1614_795-798.jpg

おや、途中に環境保全のための募金箱が。
「おこころざし」という感じではなくて、「通る人は保全料を」という印象の、力強いお知らせでした。
わたしも入れておきました。確かに、こういう道などを整備しておくのは大変です。

1614_799.JPG

ベンチ――かな?

ちょっと座るのは難しかったです。

1614_830.JPG

ずっと森林浴をし続けて、終わりが近づいてきました。

1614_882.JPG

これまでは宝登山のほうに出ていたので、長瀞駅に下りましたが、この日はピストンだったのでまた野上駅です。

長瀞駅に行かないと、うどんやそばを食べるのを楽しみにしているお食事処 さくらいに寄れません。

でも、この日はGWの最中でしたから、行っても満席だったかもしれません。
阿左美冷蔵など大行列でしょう。

そういうわけで、おとなしく、どこにも寄らずに帰る予定です。

1614_889.JPG

野上駅のホームで電車を待ちながら、もこもこ緑の山を眺めました。

ザックには、帰りにまたフジマートに寄って買い込んだ、お惣菜が入っています。
もうこの日のごはんは、これでいいよね――と。

1614_895.JPG

西武秩父駅からの眺め。
武甲山が見えています。

このシーズン最後の山歩きは、空も青く、木々は緑で美しく、期待を裏切らない日となりました。



長瀞アルプス
http://www.hikingmap.jp/hikingmap/hodosan01.html
http://www.nagatoro.gr.jp/%E9%95%B7%E7%80%9E%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0/
神まわり
http://www.nagatoro.gr.jp/%e9%95%b7%e7%80%9e%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%97%e3%82%b9%ef%bc%88%e7%a5%9e%e3%81%be%e3%82%8f%e3%82%8a%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%89/
http://www.nagatoro.gr.jp/wp-content/uploads/2015/12/20151227102245.pdf



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Low Hill Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

阿里山カフェ@日高市 高麗

1614_343.JPG

橋の向こうに阿里山カフェが見えます。

1614_345.jpg

高麗川。
遊歩道などの整備が進められているようです。

1614_346.jpg

阿里山カフェ。

1614_347.jpg

今日(GW頃の話)もチャイは試してみたいと思います。

1614_348.jpg

相変わらず、人はたくさん入っています。

1614_350.jpg

スープ。
相変わらず、かなり素材の味のスープです。

1614_352.jpg

1614_354_01.jpg

この日はピザを食べてみました。

イタリアンレストランに期待するピザとは違っています。
これはこれで、おいしいです。

今年はベラ・ヴィスタといい、HOT POTといい、そういうお店を見つけたなぁ。
阿里山カフェもそうだったとは。

昔ならタバスコ、今なら唐辛子を漬けたオリーブオイルとかそういった辛いオイルなど、そんな感じでハラペーニョソースがポンと置かれました。
これがこのピザととてもよく合い、ときどきかけてみるとおいしかったです。

1614_355.jpg

1614_357.jpg

しっかりした生地。
チーズもとろりととけていました。

おいしかったです。

前回、ピタピザだったか、ピザパンだったか、大好きだった一品が変わってしまっていたので、今度からはこのピザでいいと思いました。

ピザには今までチャレンジしたことがなかったのです。

1614_360.jpg

ここのバナナチーズケーキ、おいしいです。好み。絶品。最高。
バナナっていうところが、バナナケーキ好きのわたしの舌をくすぐります。

今シーズンは、HOT POTといい、阿里山カフェといい、チーズケーキもおいしいのに出会ったなぁ。

残念なことに、バナナチーズケーキの持ち帰りはできません。

1614_361.jpg

チャイは、「えっ! 変わった!」と思ったときより、スパイスがきいておいしく戻っていました。
でも、「おいしい!!」と感動したときと比べると、もうちょっとスパイスがあってほしいです。

他の方はあまり利きすぎない優しい味が好きなのかな。

チャイはちょっと残念です。前の味が大好きだったので。

1614_368.jpg

ピザにかけるようについてきた、ハラペーニョソース。

辛いものがあまり得意でないわたしたちですが、ここのピザには合いました。
おいしかったので、併設のオーガニックのショップで買って帰ることにしました。

辛いもの好きなブロ友さんにも1本買ってみました。

お料理上手なブロ友さんはともかく、わたしたちは難しかったです。
やっぱり冷凍ピザなどでいただくと、阿里山カフェで食べたような感じとは違いました。

あそこのピザに最も合うと思います。
ごちそうさまでした。



阿里山カフェ
http://alishan-organics.com/Alishan2014_organics/


posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

山歩き Season2 春 Vol.27 物見山の古滝

1614_001.JPG

4月は雨がちの週末が多く、またわたしや夫に予定のある日もあり、ほとんど春の山歩きは行けませんでした。

この日はもうGW。
すっかり初夏の日射しでした。

前日にわりとたくさんの雨が降ったので、物見山に行って古滝を見て来ることにしました。

古滝は、ずーっとずーっとずーっと以前、巾着田に夫と行ったりして日和田山に登ったりしていたとき、入り込んだ滝です。
細い流れの滝でした。

山歩きをするようになって何年ぶりかで行ってみたら、すっかり水は涸れていました。
でももしかしたら、雨の後はまた流れが復活するのかもしれないと思っていました。

1614_007.JPG

花びらが敷き詰められた春の道。

1614_012.JPG

道路改修工事記念碑が目印。
この横から山に入ります。東の黒尾根です。

1614_018.JPG

1614_023.JPG

もともと光に溢れた、歩きやすく、心楽しい道ですが、春になって緑も若々しくて、なおさら明るいです。

1614_030.JPG

1614_057.JPG

久しぶりなので、体がなまっているのを痛感します。
はぁぁ〜〜〜

1614_064.JPG

鉄塔。

1614_077.JPG

さらに歩いて――

1614_092.JPG

小瀬名に着きました。
2軒の家が並ぶ場所で、ハイキングマップなどでは「小瀬名集落」と書かれています。

山の中の家々のあるところって、必ず「集落」と言われているようです。

1614_103.JPG

1614_115.JPG

小瀬名の畑の近くからは、遠くが見晴らせてとても素敵なのです。

遠くの景色にも、新緑のもこもこが見えました。

1614_119.JPG

1614_138.JPG

去年、4月の初め頃に来たとき、野放図な緑がわさわさしている印象でしたが、その季節もさらに過ぎて新緑になると、また違った魅力になると分かりました。

いろいろな季節に、いろいろな景色があるものです。

――当たり前か。

1614_144.JPG

小瀬名を後にして、ちょっとだけ宿谷の滝のほうに行くことにしました。

大規模に伐採されていたところがどうなったか、見ておきたいと思ったからです。

1614_153.JPG

あ、マムシグサ。

1614_191.JPG

大規模伐採地。
特に変わったところは見受けられませんでした。

なんのための伐採で、どうなるのでしょう。

それをまた、次のシーズンに見に来られるかな?

1614_200.JPG

では最後に、古滝を通って帰りましょう。

1614_233.JPG

高指山、山頂は電波塔があって立入禁止ですが、その手前の道も初夏の花ざかりでした。

高指山から日和田山のほうに少し入って、右に曲がると日向尾根です。

古滝は日向尾根の途中で、少し奥に入ったところにあります。

1614_267.JPG

ああ、やっぱり!!!

水が流れていました。

1614_274.JPG

1614_301.JPG

本当に久しぶりの、水が流れる古滝。

かつてはここが、わたしにとっての神聖なパワースポットに感じられるほど、美しいひっそりした場所だったのですが――
なんとなく荒れたような印象で、山歩きを始めてからは、ここに来ても以前のような気持ちにはなれずにいました。

今日は森林浴だ――
そしてひそかにわずかにマイナスイオン――

1614_321.JPG

1614_327.JPG

滝でしばらく緑に浸った後、山を下りました。

下りる道々、明るい初夏の光が射していました。

1614_342.JPG

山から出ると、日射しは暑いくらいで、まぶしかったです。

1614_343.JPG

阿里山カフェに寄って帰ることにしました。
橋の向こうに見える茶色の建物が、阿里山カフェです。

久しぶりに古滝に水が戻っているのを見て、良かったな――
いい日でした。



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Low Hill Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

浅見茶屋@飯能市 吾野

1612_744.jpg

1612_747.jpg

4月初め。
浅見茶屋にも春が来ていました。

1612_749.jpg

春だったし、にぎやかでした。

1612_750.jpg

1612_754.jpg

冬のメニューはもうなく、早春の山菜天ぷらなどの時季も逸してしまったので、通常のメニューをじっくり眺めます。

1612_756.jpg

春らしい湯呑で、ほっと一息。

1612_758.jpg

1612_759.jpg

この日、浅見茶屋には東アジアからの団体が来ていて、にぎやかでした。

うーん、ずいぶんと通な場所を訪問するものですね。
秩父でさえ、わたしは外国から来てわざわざ訪れるなんてって、驚きそうです。

もう京都とか、奈良とか、北海道とか、九州とか、行き尽くしたのでしょうか。

1612_761.jpg

1612_764.jpg

鍋焼きうどんが終わってしまっているので、鶏つくねうどん。

鶏つくねが絶品なので、わたしはいつもこれ。つくね好きだし。
夫もはじめはいろいろ食べてましたが、わたしにもらった鶏つくねが気に入って、今シーズンはいつもこれ。

1612_766.jpg

1612_768.jpg

ところてん、いただいてみました。

黒みつ黄な粉 寒天も、天草なんとかを使っているそうで、イチオシです。
ところてんも同じものを使っているってことですよね。

さっぱりしていて、歯ごたえもほどよくて、いいところてんだと思います。
ところてん、いつもそれほど食べないので、たぶん評価するほど知りませんが。

1612_769.jpg

黒みつ黄な粉 寒天アイス、当然いただきます。

1612_771.jpg

1612_774.jpg

あ、わたしのと夫のと、器の柄が違います。

男女でアレンジしてくれているのかな。

1612_777.jpg

ところてんもいいけど、やっぱりこれにはかないません。

黒みつときな粉とアイスの絶妙ハーモニー。
それが透明度の高い、くさみのないおいしい寒天とマッチして、最高の組み合わせ。

1612_780.jpg

はぁ〜、ごちそうさまでした。
食休み――

1612_782.jpg

綺麗なトイレをお借りして――

1612_784.jpg

1612_785.jpg

そろそろ帰ることにしましょう。

ごちそうさまでした。

1612_786.jpg

今年はよくこの辺りに来たため、浅見茶屋にも何度も来ました。
ごちそうさま、お世話になりました。

1612_787.jpg

1612_788.jpg

もう今シーズンは終わりですね。
また次のシーズン、こんな穏やかなひとときを持てることを願って、わたしにとっての今シーズンの浅見茶屋に幕を下ろします。

でもお店は、夏の間もたくさんの人たちに、楽しいひとときを提供しているはずです。

夏でも山に登る人はいるし、ライダーや車の人もいるし。

この記事が上がる頃には、わたしも何事もなければ、また訪れていることでしょう。



__。o*★*o。______________________

浅見茶屋
http://asamichaya.jp/
https://www.facebook.com/asamichaya?rf=402900213067245
http://hanno-tourism.com/5-Gourmet/G_01udon_asamichaya.html

_____________________*☆*_____




posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Tea Time Coffee Time -sweets bread- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

山歩き Season2 春 Vol.26 イモリ山〜竹寺

1612_048.JPG

1612_055.JPG

竹寺に初めて行って、とてもいい雰囲気で、素敵でした。
ここはきっと、春ものどかで美しいに違いないと思いました。

そのときは、順当にバスで小殿バス停まで行って、そこから竹寺へ。
竹寺から子の権現に行って、吾野駅から帰りました。

でもバスに乗るのは面倒だし、バスは座席が多くありません。
大きなザックなどを手や足元に、バスに揺られて立ってるのはつらいな。

西吾野駅から子の権現、そこから竹寺、また子の権現に戻って、ラストは吾野駅ということもできそうに思いました。
体力的に無理かなと思って、最初はバスで行ったのですが。

1612_062.JPG

1612_077.JPG

というわけで、4月になったある休日、まずは西吾野駅からイモリ山へ。

芽吹いたイモリ山もいいだろうな、と思ったので。

1612_112.JPG

狭くて、わたしには落ちそうでちょっと怖いイモリ山山頂です。

1612_135.JPG

1612_141.JPG

春の山つつじみたいな花が咲いてます。
冬を思わせる椿も咲いていました。

1612_157.JPG

1612_183.JPG

なんかむきだしになった鉄塔、送電線がなくなった一連の鉄塔。

1612_199.JPG

落ちた花に彩られた尾根を歩いていきます。

1612_233.JPG

子の権現到着。
しかしここで立ち止まらず、そのまま先へ。

1612_247.JPG

子の権現の裏側に行きます。

1612_284.JPG

1612_301.JPG

竹寺へ――

子の権現と竹寺の間は、きつすぎることもなくほどよい道で、わくわくして歩くことができます。

1612_454.jpg

竹寺に到着―― 春が来ていました。

小さな花が枝に揺れて、迎えてくれます。

1612_472.jpg

1612_482.JPG

1612_517.JPG

1612_520.JPG

わぁ、なんか春〜〜〜〜!

心が少し浮き立って、のんびりと竹寺の中を散策。

1612_530.JPG

竹林は冬も変わらぬ緑だけれど、春になって緑が少し明るくなったように感じます。
気のせいかもしれないけど――

1612_564.JPG

牛頭天王の本殿から、竹寺を振り返るように眺めたところ。

早春の色に染まっていました。

かなりゆっくりしたので、そろそろ子の権現のほうに戻らないとね。
牛頭天王が、どうか願いを聞き届けてくださいますように。

1612_623.JPG

1612_624.JPG

光が洩れ落ちる中を歩いていきます。

杉も綺麗だなぁ〜と思える――

あ、檜なのかな。いつも違いが分かりません。

1612_636.JPG

戻ってきました。

この子の権現の裏手、下に見下ろせる小さな池で、かえるが鳴いていました。
それもヒキガエル。

グエェェェェェェ――――
  グエエェェェェェェ――――

下りてみたら、かなりたくさんのヒキガエルたちがせっせと繁殖していました。

1612_648.JPG

子の権現には、見事に真っ白に花も咲いていました。

1612_689.JPG

1612_712.JPG

子の権現からは、いつもの「浅見茶屋」の看板やのぼりが所狭しと立っている道ではなくて、吉田山のほうに向かう道を行きました。

でも途中から浅見茶屋に下りていけることが分かっているので、そこから浅見茶屋にも寄りました。
それはまた明日の記事で。

1612_742.JPG

浅見茶屋を出て、あとは舗装路をゆるゆると下っていきました。

お腹いっぱいだと山道はきついですから、もうなだらかに下る平らな道を行きます。

1612_812.JPG

1612_820.JPG

吾野駅に向かう途中の「Spring is come」。

1612_830.JPG

ちょうどやってきた快速急行に乗れたので、飯能駅での乗り換えもありません。
それに快速急行は、飯能から先の池袋方面に向かって、急行よりも飛ばす駅が多いので、早いのです。

今日はいい一日だったな――
竹寺に行って良かったです。



竹寺(埼玉県飯能市)
http://www.takedera.com/
https://www.youtube.com/watch?v=ZGrqlK8FnnQ
http://www.city.hanno.saitama.jp/0000006535.html



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Low Hill Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

サイゼリヤで夕食

1610_600.JPG

ついに1000mを超えて、武川岳に登り、疲れました。

あっという間に高い山にも登っている人もいっぱいいるのに、ささやかな話です(笑)

1610_601.JPG

疲れましたから、ごはんは家で作るなんてできません。
かといって、何かを用意しておいたということもありません。

サイゼリヤに行きました。

1610_602.JPG

お疲れさまでした。



サイゼリヤ
http://www.saizeriya.co.jp/


タグ:練馬区周辺
posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Dinner and Lunch Time -eat out- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

黒糖水ようかん@松林堂

1610_592.JPG

1610_593.JPG

道の駅あしがくぼにも置いてある、秩父市の松林堂の黒糖水ようかん。

この日も買いたいと思っていました。

1610_605.JPG

それまで買っていた500円くらいの箱と、もうひとまわり大きい箱があったので、とりまぜて適当に買いました。

大きいのが2〜3箱と、小さいのが3〜4箱、買ったと思います。

とても気に入っているのです。
わたしのツボにビシッとはまるおいしさです。

1610_606_01.jpg

発送もしてくれるそうですが――

そこまでの量は買わないかもしれないから――

近くで売っていたらなぁ。
でもどうしても食べたくなって、でも行く機会がなかったら、発送も考えちゃおうかなぁ。

おいしく食べました。
少しずつ食べるつもりでも、ついつい食べてしまうこともあって、あっという間になくなりました。



松林堂
http://db.dokoikube.com/shorindo.htm



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Foods & Drink | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

山歩き Season2 春 Vol.25 武川岳

1610_011.JPG

いよいよ、わたしたちにとって初の100m超え、武川岳に行く日が来ました。

飯能駅からバスで50分も揺られて、名郷バス停まで。

1610_025.JPG

まずは登山口まで登っていきます。

天狗岩ルートで武川岳に行くつもりです。
天狗岩というのは、岩場で、でもそれほど難しくはないと皆さんが言っているので、ぜひ行ってみたいと思っています。

1610_034.JPG

1610_055.JPG

既にかなり高度の高そうな景色です。

1610_112.JPG

ようやく天狗岩に着き、天部岩を登っていきます。

1610_116.JPG

1610_137.JPG

天狗岩の上からは、あたりが見渡せて、いい景色でした。

平日で、誰もいなかったので、ここでゆっくり休憩をとりました。
眺めを見ながら、ぼんやり坐っているのって、すごく贅沢です。

1610_120.JPG

はぁ〜

こんな静かな時間、次に過ごせるのはいつなんだろう。
定年退職の年齢後??
――でも退職金もないし、生活が苦しくて山歩きどころじゃないかなぁ。

1610_146.JPG

1610_165.JPG

とにかくここ2,3年、時期を選べば平日にある程度の休みもとれる生活をしてきたので、次年度からのことがすごくストレスだったのです。
反面、フリーで働くというのは、何事かが起こったときも仕事が入っていると休みづらく、そういうところは厳しいわけで、どっちもどっちなんですけどね。

1610_170.JPG

楽しいような、「休暇も終わり」という追われる気分のような、なんともいえない気持ちでの山歩き。

1610_180.JPG

高いところは雪がちょっと残っています。

1610_203.JPG

1610_205.JPG

とても人気のコースで、休日はにぎわっているそうです。
でもこの日は平日で、静かでした。

1610_228.JPG

武川岳、山頂に着きました。
1051.7m――ほんのちょっと、千メートルを超えました。

1610_230.JPG

1610_254.JPG

武川岳のベンチでひと休み。

ここもハイシーズンの休日などは、かなりのにぎわいだそうです。
でもこの日は、独り占め――

1610_272.JPG

途中の蔦岩山。

山っていっても、なんだか素人には道の途中にただプレートが貼ってあるだけに思えました。
「山」の定義って、いろいろルールがあるようで、面白いと思ったことがありますが、すっかり忘れてしまいました。

1610_276.JPG

でもさすが、人気のコース。

誰にも出会わないわけではなく、この辺りでペースの速いベテラン風の方に追い越されました。

しばらく先の二子山と焼山の間辺りでも、ご高齢の男性と出会っています。
わたしたちより元気で、体力も筋力もありそうでした。

1610_287.JPG

1610_331.JPG

このコースは、歩いている途中ずっと、横に武甲山や彼方の景色を見晴らせます。

1610_348.JPG

1610_352.JPG

焼山まで、まだかな〜〜〜

1610_360.JPG

やっと焼山山頂に到着しました。

1610_365.JPG

1610_370.JPG

ここからの眺めは、本当に素晴らしいです。

1610_405.JPG

1610_417.JPG

さあ、二子山を越えて、芦ヶ久保駅を目指しましょう。

1610_452.JPG

途中、ちょっと休憩。
もうすぐ今日も終わりです。

1610_459.JPG

1610_482.JPG

横瀬町ともなると、武甲山がとても近いです。

1610_552.JPG

1610_569.JPG

沢筋に来ました。
下りっぱなしで、夫にはとてもきついコースです。

登るときは登りっぱなしになるわけで、わたしにとってもきついコースです。

1610_590.JPG

線路を下からくぐって、芦ヶ久保駅付近――

ついに武川岳まで行き着きました。
満足・・・・・・



posted by Yuki または Sugar A at 07:00 | Comment(0) | Low Hill Walking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする